« 3月上旬:東京目黒 | Main | 表現方法としてのひきこもり »

2004.03.19

だいぶ前に書いたメモ

ETV2000「クリエイティブとは何か」
見城徹 糸井重里

たまたま見返したので書いておこうと思います

2000/08/21(mon)のメモ

・毎日「せつない」
 →せつなさを消すのは好きな人に想われること。
 
・救いはクリエイティブな作品
 →でも一番救われているのは表現している人

・ローテクなクリエイティブはなくならない 

・入れあげたことは、実を結ぶ
 →ビートルズに入れあげたことがミュージシャンと
  対等に話すことのできる下地になっている。
  
・日記はマスターベーションかも知れないが、その人の
 やむにやまれない表現だ
 
・クリエイティブ=葛藤

・クリエイティブには「王様」or「奴隷」しかない
 中間はありえない。


もう4年近くも前なのか...この番組はものすごい衝撃
をうけた。4年も前とは思えない。

「クリエイト」することでしか救われない。

|

« 3月上旬:東京目黒 | Main | 表現方法としてのひきこもり »

Comments

The comments to this entry are closed.