« ZoomMTR PS-04購入一ヶ月 | Main | 帝都東京・隠された地下網の秘密 »

2004.05.05

「自暴自伝」村上ポンタ秀一

「自暴自伝」読みました。やっぱり大村憲司ってスゴイギタリストだ、
と改めて感じました。演奏はたくさん聴いているはずですが、まさに
”スタジオミュージシャン”という感じで、なかなか昔の話を読んだ
りすることがありませんでした。せいぜいギターマガジンで大村憲司
の特集を読んだ程度です。

この本はポンタさんの半生記ではありますが、「赤い鳥」時代の二人
のエピソードがあったりして、大村憲司の昔の話も併せて読めたのが
収穫だったと思っています。

本の中で出てきた深町純&ブレッカーブラザーズの「スパイラルステッ
プス」も聞いてみました。
アンソニー・ジャクソンとポンタさんのリズムがなんともカッコ良すぎ
る。アンソニージャクソンは、2曲しか弾いていないのがもったいない
けど..もちろん他の2人のベースもカッコいいんだけど。



印象に残った内容のメモ

クラプトンに「お前は憲司ほどではないけど、なかなかみどころがある」

歌唱にとって呼吸法が大事なわけだから、ドラムにとっても同じ。
オフビートの感覚をつかむには呼吸が重要。だから自分で歌える音符以外
はプレイしない。22p

歌詞を見て叩く。譜面はいらない。58p

矢野顕子のアコピに、坂本龍一がプロフェット5でわけのわからないフ
レーズがからむと、ほかの誰にもまねのできない唯一無二の世界が生ま
れる。

青山純「『フラッパー(吉田美奈子)』を聴いて、歌のバックでこうい
うドラムを叩いていいんだってことがわかった。すごく勇気をもらった」
100p

サディスティックスの時の後藤次利:幸宏のドラムをあまり認めてい
なかった。

仙波清彦 リズムのとらえ方の違い 145p
 西洋の音符 
  小節をどう分割して使ってもいい。
  複数の人間がやる以上、同じリズムでもズレが生じる
 
 邦楽の音符
  均等に16分割する。誰がやっても変わらない様式美
  叩くではなく、極端に限られた面積を「打つ」

森高千里のドラム 231p
 気分の高まりを絶対に見せないドラミング
 ふつうはフィルの後の二拍目に”情”が入る。それがない。

憲司のチョーキングは唯一無二 240p
 大貫妙子にしろ矢野顕子にしろ「ギターは憲司じゃなきゃダメ。」

キャンディーズ、ピンクレディ、山口百恵、郷ひろみ、沢田研二、
宇宙戦艦ヤマト、ガッチャマン、アントニオ猪木のテーマ

|

« ZoomMTR PS-04購入一ヶ月 | Main | 帝都東京・隠された地下網の秘密 »

Comments

The comments to this entry are closed.