« August 2004 | Main | October 2004 »

2004.09.27

ETV特集 “スロー建築のススメ 藤森照信流 家の作り方”

藤森照信氏は高校の大先輩。路上観察学会を旗揚げしたころ、
高校に講演に来てくれたことがあります。
高校の図書館で路上観察学会の本を読みまくって、さらに講演
の日はがぶりつきで講演を聞いていたことを、思い出しました。
           ●
先週の土曜日(04/09/25)のETV特集。この夏、藤森氏の故郷の
長野県茅野市の畑の中に「樹上の家<高過庵(たかすぎあん)>」
を建築。その約一年の建築過程を追いつつ、過去の活動や作品が
紹介されてゆく番組でした。

番組の後半、建築家の石山修武氏の「世田谷村」を訪れ建築物の
スライドを一緒に見ている。
スライドは、隅田川の河川敷にあるホームレスの住んでいる家。
すべて廃材や拾ってきたものからできている。しかも、ソーラー
パネルが顔を出していて自家発電までしている。
そのスライドの右奥には現代のモダンな高層ビルが写っている。
そのスライドをみながら、石山氏の言葉で印象的だったのが
 ・現代の家は、電気やガス管や上下水道などにつながれている。
  それは人間で言えば病院のベッドで点滴や人工呼吸器につながれた
  状態。
 ・そのようなチューブから独立した建物を造りたいと思っている。
 ・ホームレスの家は、まさにチューブから独立した建物。その正反対
  の存在が右奥に写る高層ビル。

汐留でも品川でも六本木でも、立派な建物が建っていて遠目には
カッコイイ。でも仕事で行っても遊びで行ってもなんとなくつまらない。
建築そのものが我々から遠く離れてしまっていて、建物に人間がか
かわる余地がない、といえばいいのだろうか。
スライドに出てきたホームレスの家は、すべて自分がかかわっている
し、チューブからも独立している。ホームレスの家がモダン建築に
対するアンチテーゼとも言えるのだろうか..

            ●
ふつう建物や家のメンテナンスは“面倒だ”ということで避けられる。
モダンな建築は、まさにそのメンテナンスフリーを目指したものだろう。
その意味では番組に出てくるタンポポハウスやニラハウスや壁の隙間に
芝生が植えられている家など、とんでもない家だろう。ただ、その分
人間が建物に関わる余地がある。
端から見ている分には、なんだかとても楽しそうだ。建物が愛おしく
みえてくる。

藤森氏にとって、建築は人を生かすもの。そして人は建築によって生か
されるという。よく考えれば当たり前のことなのに、すっぽり抜け落ちて
いた視点だった。
建築家としての藤森氏の建築物は知っていても、その建築の考え方は
今回の番組で初めて耳にすることが多かった。
 ん~結論がまとまらなくなってしまった...

| | Comments (0)

2004.09.25

日経連載;アート・イン・ポップ

「ジャケット買い」という言葉が象徴するように、CDやレコードの
ジャケットは(時にはその音楽よりも)多くのことを語っているこ
ともある。

日経で「アート・イン・ポップ<音盤でたどる美術史>」という10回の
連載が昨日(04/09/24)終了しました。
これは単なるジャケット紹介ではなくそこは日本経済新聞の文化面。
ポピュラー音楽と美術史をうまくからめて、わたしのような素人にも
わかりやすく興味が持てる記事でした。

連載で取り上げられた内容は...

 1:アースウインド&ファイアー「太陽神」
 2:細野晴臣&横尾忠則「コチンの月」
 3:ディープ・パープル「ディープ・パープルⅢ」
 4:ジョセフ・ベッカー「シェーカー教団の儀式」
 5:バウ・ワウ・ワウ「ジャングルでファンファンファン」
 6:ルイジ・ルッソロ「イントナルモーリ」
 7:クラフトワーク「人間解体」
 8:オーネット・コールマン「フリージャズ」
 9:「ヴェルヴェット・アンダーグラウンド&ニコ」(アンディ・ウォーホル)
10:「21世紀のこどもの歌」(真鍋博)
 執筆は美術評論家の椹木野衣氏

ゴスロリとハードロックの美意識。黒人音楽にピラミッドのイメージが
登場するのは?などは、改めて考えてもみなかったことで、読んでみて納得。

特に6回目で取り上げられた「イントルナルモーリ」の記事では初めて
知ることが多かった。
80年代に活躍したユニット「アート・オブ・ノイズ」が、20世紀初頭の
未来派のルイジルッソロが唱えた言葉だったとは..いまアート・オブ・ノイズ
の曲はMr.マリックが登場する時ぐらいしか聴くことはないですが..

未来派の芸術活動は活躍した時期が1900~10年代というきな臭い
時代だっただけに、その思想はすべて賛同できるものではないです。
しかし、20世紀末から21世紀にかけての現代を予測、予言をしていた
ような発想があることを再発見しました。

| | Comments (0)

2004.09.10

御神輿;ライトアップ

最近の御神輿はライトアップされているんですね。
初めて見ました。ちょっと違和感もありましたが、
結構華やかでいいんじゃないでしょうか?

先週末は地元でお祭りでした。あいにくの雨で
薄暗い中でしたが、ライトアップされているおかげで
御神輿もくっきり(^^)
V6010034.JPG

ケータイのカメラで撮影したのでかなり画質が悪いですが...

| | Comments (0)

2004.09.06

朝日新聞“ひと”欄に小川直也登場

なんと「ハッスルの伝道師」として09/04土曜日に
堂々朝日新聞の2面に登場していました。なんともビックリ。
 「ポーズは、イベントを盛り上げるために考えた。最初は腰の動か
  しかたがいやらしいとテレビ局は難色を示したが~」

やっぱりそうだったのかか。特に橋本の腰の入り方は半端じゃない
もんなぁ。
ただ
 「エンターテインメントに魅力を感じる。強いものを決めるだけ
  の世界は柔道時代にやり尽くしたからね」

という言葉は残念。
たしかに小川本人のなかでは、そうなのかもしれない。
でも小川に求められているはエンターテインメントだけではないはず。
強さは幻想なのかも知れないけど、幻想でもいいから見せて欲しい。
橋本vs小川の時の、あの殺気はすごかったもんなぁ...

| | Comments (0)

2004.09.03

また映画「永遠のモータウン」ネタ

2004/08/06金曜日 朝日新聞夕刊 窪田晴男の“ツウのひと声”で
映画「永遠のモータウン」(Standing in The Shadows Of Motown)
に触れていました。<記事が掲載されからひと月経ってしまった..>
一部引用します。

 演奏家人生 聖なるや?
  「人生の至福を録音中に体験してしまうためか演奏家の実入りはどの
  時代のどの国でも少ない。~略~ 演奏家人生というのはホーリーだが
  グローリーではないようなのだ」

私もこの映画を3度見てしまいました。なんだか見れば見るほど、また
見たくなってしまう映画なのです。DVDが出たら買いたいです。

なぜこの映画を何度も見たくなってしまうのか、言葉にできなかったの
ですがこの記事でちょっとスッキリしました。
「演奏技術が高い」とかいうことよりも、まさに“一期一会感”から来る
喜びや悲しみにしびれてしまったのだと思います。

「人生の至福を録音中に体験」というのが非常に納得です。ん~バンド
やらなきゃ。もっとも私は“一アマチュアミュージシャン”ですが..

      ●
ぜんぜん関係ないけどミュージシャンネタつながりで宣伝しておこう。

音速ライン website
http://www3.to/onso9line

Snoop website 
http://sound.jp/snoop/

さ..じゃなかったLMN君ガンバレ! って思ったら8月24日付けで
辞めてたのね。ん~アンカータグ貼るのはやめておこう。
http://guitar-todai.net/koshi/index.html
http://guitar-todai.net/

| | Comments (0)

2004.09.02

ジャングルファイト3

2004/10/23にジャングルファイト3が行われるようです。
Sherdog.comからの記事です。

Wallid Ismail and Antonio Inoki Produce Jungle Fight
これは8/28の記事なのですが、
 ・日本ではまったく報道されていないこと
 ・ヴァリッジ・イズマイウおじさんが話していること
...なので、ホントにやるのかな?と疑問ではあります。
このイズマイウおじさん、猪木と似たもの同士というか、とんでもない
ハッタリ野郎なので、傍観者として発言をみている分にはおもしろいです。

記事の内容を簡単にまとめると..
 ・猪木とイズマイウの共同プロデュース
 ・出場予定は
  ホナウド・ジャカレ - ブラジリアン柔術
  ウラジミール・マティシェンコ
    - UFCで活躍 2002/08のLegendではホジェリオと戦って勝利)
  中邑真輔・柴田勝頼(新日本プロレス)
  ジョルジー・パチーユ・“マカコ”("Macaco" Jorge Patino )
  トーマス・デニー(Thomas Denny) - KOTCで活躍
  Bobby "The Bad Seed" Hoffman
   - KOTCで活躍 ジャングルファイト2も出場
  ビビアーノ・フェルナンデス - ブラジリアン柔術
  エベンゼール・フォンテス・ブラガ
   - PRIDEの常連 最近はパウロ・フィリョとか玉海力などと対戦
  アスエリオ・シウバAssuerio Silva -PRIDEでおなじみ 
 ・場所はブラジルのマナウスにあるTropical Eco Resort
 ・Tropical Eco Resortは五つ星のリゾート施設
  - 動物園、ホテル、巨大なスイミングプール、ジャングル探検や
   河でのスポーツなどができる
 ・航空運賃、宿泊費、チケットをセットにしたパッケージも組まれるが
  とんでもなく高い。
 ・柔術のホナウド・ジャカレによる、柔術講座も開催される。

このチケットですが、本当にとんでもなく高いらしいですね。
数百万するとかしないとか..

| | Comments (0)

« August 2004 | Main | October 2004 »