« September 2004 | Main | November 2004 »

2004.10.29

私的予想PRIDE28 Preview

一番の注目はミドル級のチャンピオンシップの
 ”ヴァンダレイ・シウバvsクイントン・ランペイジ・ジャクソン”
になるかもしれませんが、私が期待しているのは
 ”ミルコvsジョシュ・バーネット”と
 ”横井宏考vsヒース・ヒーリング”
の試合です。2試合ともおもしろい試合が見られると思うので楽しみです。

■ヴァンダレイ・シウバvsクイントン・ランペイジ・ジャクソン 
 ジャクソンのパワーは圧倒的ですが、シウバのヒザ蹴りでなかなか
 組ませてもらえないと思う。
 あとジャクソンはパワーが邪魔をしているのか、冷静さを失う点で
 マイナスポイントです。
 →余裕でシウバ
 
■ミルコv・クロコップvsジョシュ・バーネット
 ジョシュに勝って欲しい。プロレスラーとは言えないけど、「プロ
 レスハンター」を葬って欲しい。
 新日との関係もあって、総合格闘技だけ出ているわけにはいかないの
 かもしれないけど、もっとガンガン参戦して欲しい。
 この試合をクリヤーして、早くノゲイラ、ヒョードルたちとの試合が
 見たいです。
 →サブミッションでジョシュ

■ダン・ヘンダーソンvs中村和裕(吉田道場)
 このカードがこの位置??中村を売り出したいのは、わかるが
 いまいちパッとしないからなぁ...
 →ダン・ヘンダーソンかな...

■マーク・ハントvsダン・ボビッシュ(USA)
 んん~あまり興味の湧かない対戦です。
 →ハントでしょう。

■金原弘光vs
  アリスター・オーフレイム(オランダ/ゴールデングローリー)

 シウバ戦でのケガでしばらく戦列を離れていた金原ですが、今年5月の
 PRIDE武士道でミルコとなかなかいい試合を見せ(ミルコの調子が悪かっ
 たのもありますが)てくれました。なんとか今回も頑張って欲しいなぁ
 と思います。

 オーフレイムは、セーム・シュルトやギルバート・アイブルが所属する
 ゴールデングローリーの選手。2003年8月のPRIDEミドル級GP開幕戦で
 はチャックリデルに負けてしまいましたが、ほとんど攻めていていいパ
 ンチをもらってしまった負けでした。実力は折り紙付きだと思います。
 
 →オーフレイムの勝ち。やっぱ195cmと178cmと体の差があって、しかも
  オーフレイムは蹴りなどの打撃系が強いです。となると、やっぱり
  金原はキツイなぁ。

■エメリヤーエンコ・アレキサンダー(ロシア/レッドデビル)
  vsジェームス・トンプソン(英国/MMAユニバース)

 アレキサンダーは、8月のPRIDEでミルコに負けましたが
 先日10月9日にMFC(Middleweight Grand Prix)でカーロス・バヘット
 と戦い判定で勝利。そこから約3週間でPRIDEに再登場。
 カーロス・バヘットも初期のPRIDE出ていたことを思い出し
 懐かしいと感じます。
 
 ジェームズ・トンプソンは初めて知ったのですが、UKの総合格闘技
 イベント アルティメット・コンバット(UC)で活躍。
 体もデカい。(身長 196cm 体重 120Kg)
 過去9戦中8勝。ただ、調べた限りでは打撃系なのか寝技系の選手なのか
 よくわかりませんでした。
 
 →どんな試合になるのか想像つきません。期待を込めて
  ジェームズ・トンプソンの勝ち。
  UKの格闘技に期待します。もしかしたら、大化けするかも。
 

■ヒカルド・アローナ(ブラジル/ブラジリアントップチーム)
  vsセルゲイ・イグナチェフ(ロシア/ロシアントップチーム)
  
 ヒカルド・アローナは前回のランペイジジャクソン戦でのケガは
 大丈夫かな~。心配なのはそれだけ。
 イグナチェフはロシアントップチーム所属なのでコピロフおじさんが
 なにか作戦を与えているかもしれませんが、まあアローナの相手では
 ナイト思います。
 
 →余裕でアローナの勝ちでしょう。アローナvsヴァンダレイが
  見たいんだよなぁ。

■チェ・ム・べ(韓国)vsソア・パラレイ(オーストラリア)
 二人ともよく知りません。
 
 チェ・ム・べは韓国で5本の指に入るグレコローマンレスリングの実力者。
 キックボクシングや柔術などもトレーニングしているようです。
 日本での試合はPRIDE武士道 其の参(2004/05/23)の第一試合で
 山本宜久と対戦3-0の判定で勝利しています。
 この結果でPRIDEへの抜擢になったのでしょう。
 
 ソア・パラレイはレスリングのフリースタイルで5回オリンピックに出場
 オセアニアの選手権で6回金メダル。アブダビコンバットにも出場。
 総合格闘技では7戦無敗。なんだかスゲー強いぞ。
 →ソア・パラレイの勝ち 調べていたらスゲー強いことがわかり、
  もしかしたらとんでもないヤツかもしれない...しかも体格も
  パラレイの方が大きいようです。
 
■横井宏考vsヒース・ヒーリング
 なぜか第一試合になっているこの対戦。ミルコvsバーネットの前ぐらいでも
 いいと思うのですが...
 かなりオモシロイ試合が見られると期待しています。
 →サブミッションで横井の勝ちと予想します。

| | Comments (0)

ジョシュ・バーネットのギャラは..

fightsport.com からの記事の抄訳です。

次の日曜日(04/Oct/31)のPRIDE28で
 ミルコ・クロコップvsジョシュバーネット
の試合が行われます。

この試合はミルコが直訴して実現したということですが
なんとこのファイトマネーは

ジョシュ本人と新日にそれぞれ100,000ドル(日本円で一千万円以上)

払われているそうです。
しかも今後も継続参加するれば、試合毎にバーネットに100,000ドル。
さらにプラスでボーナスもあるという記事です...

とfightsport.comは
「日本のメディアで報道されている」と書いているのですが、
私は知りませんでした...

| | Comments (0)

2004.10.25

ジャングルファイト3の結果 Jungle Fight3

先日9月2日にこのブログにアップしたとおり、ジャングルファイト3がブラジルの
マナウスで行われたそうです。

sherdog.com&fightsport.comからの記事をミックスして要約&和訳
しました。それぞれのサイトとも結果のみのレポートでした。
各選手のカタカナでの読み方は自信がありません...

1 勝ち フレジソン・パイシャオン[Fredson Paixao]
 負け ファビオ・メロ[Fabio Mello]
 判定(全員一致) 5:00 3R

2 勝ち 垣原賢人
 負け ロッキー・ロメロ[Rocky Romero]
 かかと固め[Heel Hook] 1R

3 勝ち ビビアーノ・フェルナンデス[Bibiano Fernandes]
 負け ルイス・フィゲロア[Luis Figueroa]
 後ろハダカ締め 0:31 1R

4 勝ち トニー・デ・ソウザ[Tony DeSouza]
 負け カリンホス・リマ[Carlinhos Lima]
 チョーク 2R

5 勝ち レオポルド・モンテネグロ?[Leopoldo Montenegro]
 負け ボビー・ホフマン[Bobby Hoffman]
 三角締め 1R

6 勝ち 成瀬昌由
 負け トニー・ウィリアムズ[Tony Williams]
 アームバー 1R

7 勝ち ジョルジー・パチーユ・“マカコ”['Macaco' Jorge Patino]
 負け ボリス・ジョンストップ?[Boris Jonstop]
 チョーク 2R

8 勝ち アスエリオ・シウバ[Assuerio Silva]
 負け アレッシオ・サカラ[Alessio Sakara]
 判定(全員一致) 5:00 3R

9 勝ち レナート・“ババル”・ソブラル(Renato Sobral)
 負け ジョセ“ペレ”ランディ・ジョンズ(Jose 'Pele' Landi-Jons)
 判定(全員一致) 5:00 3R


この記事を書いている途中で、新日の成瀬昌由のブログを発見
http://mnaru.livedoor.biz/
25日14時現在の最新記事は、試合に向かう直前の様子がアップされています。

日本国内での報道はほとんどないのが不思議なのですが、成瀬選手の
ブログにはブラジル・マナウスの写真がアップされているので、
ジャングルファイト3が行われたのは間違いないのでしょう。

でも、ジャングルファイトのオフィシャルサイトは更新されていないし
ホントに不思議なイベントです。

| | Comments (0)

2004.10.21

音速ライン@ステーション情報

ボーダフォンのステーション番組「ぴあスーパーチャンネル」に
音速ラインのライブ情報が配信されてきた。しかも20日にミニ
アルバムが発売?なんだよ知らなかったぞ!

10月20日音速ラインニューミニアルバム「青い世界」発売 
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00031YBRY 
音速ライン「青い世界」

「~今作でも、さらなる深みを増した音世界を披露している。
  心の奥にそっとしまってあるノスタルジックな風景を思い
  起こさせるような、琴線にふれるサウンドは、この秋にオススメ。」
  
だそうです。あの決してうまくはない声がなかなかいいんだよな。
さっそくアマゾンで注文。でも、これもインディーレーベルなんだ。

でもライブは初のソロライブか。ステーションで配信までされ
て順調だな。ライブには行けそうにもないが、ニューミニアルバム
も売れて欲しいな。

音速ラインWeb Site
http://www3.to/onso9line

| | Comments (0)

2004.10.15

あの頃マリーローランサン2004 が出たそうですが..

加藤和彦の「あの頃マリーローランサン」はまだ私が小学生の
ころに出たアルバム。

83年に出た作品だから、なんともう21年前(!!)のアルバム
ですが、最近そのトリビュートアルバムが発売されたと聞き
オリジナルのアルバムを久々に棚から引っ張り出す。

このアルバムの中では、ニューヨークコンフィデンシャルが有名
だと思いますが、私が一番好きなのはタイトルチューンの
「あの頃マリーローランサン」です。
イントロの矢野顕子のピアノとユキヒロのドラムが気持ちいい。
イントロだけでも気持ちいいのに、加藤和彦のなんとなくはか
なくて、弱っちい声がこれもまた気持ちいい。サビの不思議な
歌詞も頭に残って、たまに口ずさんでいたりする。

他の参加アーティストはウィリー・ウィークス、高中正義、清水
信之、浜口茂外也などという、これでもか!というようなメンバー。
これに安井かずみの歌詞を加藤和彦のボーカルがのれば、言う
ことないッス。20年聞き続けても飽きないし、全然古くならない。

で、今回のトリビュートアルバムは、このオリジナルのオケに
ボーカルを録音するという形のアルバム。参加アーティストは
TOKU、村上てつや、川口大輔、椎名純平などなど、「あの頃
マリーローランサン」をどう料理してくれるのか、と楽しみだっ
たんですが..
なんとこれCCCDじゃん...

 いろいろ議論があるのは別にして、聴こうとすればCDプレ
イヤーがぶっ壊れそうな挙動をするし、MP3プレイヤーに
移して聞けないし、もう基本的に「CD」ではないところで
ダメだと思う。

 というわけでトリビュート盤を買うのは止めて、オリジナル
アルバムを、再び聴きまくっています。ん~やっぱいいなぁ。

あの頃マリーローランサン2004 A TRIBUTE TO K.Yasui&K.Kato
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0001ZX5F6/

あの頃マリーローランサン 加藤和彦
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00005G6F7/

| | Comments (0)

2004.10.12

Dr.GRIP G-SPEC なかなかいいぞ!

パイロットの初代Dr.GRIPが発売された当時すぐに購入しま
した。しかし、あの太さが自分には合わず逆に疲れるため、
ながらく引き出しの肥やしになっていました。

先日"Dr.GRIP G-SPEC"が大量に陳列されているのを発見し、
数年ぶりに試し書き...スゴクいい!

筆圧かけずにさらさらと書けるし、発色もクッキリ。
インクのダマもほとんどない。
重量バランスがいいのか、しっかり握らなくてもペンを
コントロールできるので疲れにくい。ソフトグリップも
疲れの軽減に貢献していると思う。

やっぱり一番気に入っているのはインクのダマができない
こと。インクダマは油性ボールペンの宿命だと思っていた
のだけど、全くと言っていいほどインクダマができない。

普通の油性ボールペンで長時間書いているとインクダマで
紙や手が汚れてしまう。
特に答案用紙汚れるのは困るので、別の紙で拭いながら書い
ていると試験に集中できない。
何とかならないか...と昔からストレスになっていたのだ
けど"Dr.GRIP G-SPEC"一気に解決。「新開発のA-ink」これ
が優秀なんだろうと思う。

先週、約2時間の試験で使ったら手が痛くなることもならず
快適、快適。
これで630円だもんなぁ。なんでも発売されてからもう一年
経っているらしい。もっと早く気付いていれば..
ん~いままでいろいろ試したボールペンが一気にがお蔵入
りしそうだ。もったいないけど。

ドクターグリップ Gスペック
http://www.pilot.co.jp/line_up/product/drgrip-g-spec/drgrip-g-spec.html

2004/12/24追記
他のボールペンと比較した記事をアップしました。参考までにどうぞ。

| | Comments (0)

2004.10.06

ワイヤレスLAN;どこからともなく電波が..

自宅でノートPCを使っていると、突然タスクトレイに
「利用可能なワイヤレスネットワークがあります」
というバルーンメッセージが。
確かにこのノートPCは802.11bと802.11gに対応して
いる。しかし残念ながらウチにはAir H"しかない。

ん~~これは、ワイヤレスLANの電波のダダ漏れってヤツか..

WEPの設定もしていないし、ESDもメーカー設定のデフォルト
のままだし、何の苦労もなくネットワークに入れそうだ...
まあ接続しても気付かれないだろうが、良心がとがめたので
止めておいた。セキュリティのセの字もない状態だろうな。

電波ダダ漏れに気付き3日経ちますが、いまだに対策されて
いないようです。注意して教えて上げたいのだが、ワンルーム
マンションで、どこの誰が設置したのかもどんな人が住んでいる
のかも知りようがないし...

練馬区のワンルームマンションに住んでて、先週末コ○ガの
無線LANを設置した方!電波ダダ漏れですよ!!って見て
るわけないか...

| | Comments (0)

« September 2004 | Main | November 2004 »