« FPC(FL Pad Controller)は...- FL Studio5 | Main | FL Studio 5 のアルペジエーター2種類(Arpeggiator) »

2004.11.25

マニュアルの抄訳 FPC (FL Pad Controller)-FL Studio5

FPCを使ってみた感想はこちらのエントリを..

マニュアルにはいくつか図表がありますので、
それを見ながら下記の抄訳をみるとよくわかると思います。
http://www.flstudio.com/help/html/plugins/FPC.htm
------------------------------------------------
FPCはAKAIのMPCシリーズに似たソフトウェアプラグイン。

FPCは制作・編集・ドラムキットの入れ替えが簡単で必要なものが
すべてそろったドラムマシン。
一つのドラムキットバンクにつき16までのレイヤーをサポート
インターフェイスは画面上部のタブによって3つのパートに分けられている。

■メインパッドのプロパティ■
 ・パッドセレクター 一番左 選択しているパッドを変える
 ・パッド名     パッド名を表示 右クリックで名前変更
 ・左のノブ   ボリューム
 ・右のノブ   パン
 ・緑のボタン ミュート
 ・赤のボタン ソロ
 ・オレンジのボタン スケールボリュームボタン
   ベロシティ=ボリューム
   強く弾けば大きく、弱く弾けば小さく
   後述のmultiple velocity-sensitive layersを使わない限りは
   ONにしておいた方がいい。
   
■パッド■ 
 ★画面の左半分部分★
 パッド名は左の下からつけられている
 左下がPAD1 右上がPAD16 
 
■パッドのコントローラー■
 ★画面の右半分部分★
 パッドと同じ並び方でパッドコントローラーが並んでいる
 
 箱の中の上の列
 左上 このパッドの音の音階
 右上 このパッドの音のオクターブ
 
 箱の中の下の列
 音を途中で切るためのグループの設定
 同時に鳴っていていてはおかしい音色、
 例えばハイハットのオープン、クローズなどを同じグループに
 設定すれば、同時に音が鳴ることはない。
 
■レイヤーの設定■
 真ん中のタブでは、レイヤー(音の重ね合わせ)の設定を行う
 
 各パッドの音色は複数のサンプルで構成可能。
 各サンプル重ね合わせはベロシティによって切り替えることができる。
 この機能はアコースティックドラムのリアルさを追求するには
 非常に重要である。
 
 ・CREATE 新たな空白のレイヤー(重ね合わせ)を作成
 ・DELETE 選択されたレイヤーを削除
   空白レイヤーにサンプルをロードするには
   左下のフォルダボタン(Browseボタン)をクリックして、
   サンプルファイルを選択
 
 ・REVERSE 選択したサンプルファイルを反転
 ・レイヤーの順番を入れ替える レイヤーを選択してMove Up/Down
  で上下する
 ・SPREAD EVEN ベロシティのレンジをレイヤーの個数で均等になるように
         設定
 ・LOCK LAYERS SPREAD EVENボタンの右
  それぞれのレイヤーのベロシティレンジが重ならないようにする
  どのベロシティでもレイヤーが重なることがないように設定される
 ・Full Pad Preview
  ここをクリックするとベロシティの強さごとにテストが可能
  
■レイヤーチャンネルのコントロール■
 左から右へ
 ・セレクトノブ
 ・ボリューム
 ・パン
 ・レイヤーピッチ 上下1オクターブのピッチチェンジが可能
 ・ミニサンプルプレビュー
 ・ベロシティレンジの設定
 
■ミキサー■
 このミキサーで設定は他の画面での設定項目と重複する項目もある
 しかし、一つの画面で一度に見られることで簡単に調整ができる。
 
 ・Mixer Track Offset
  個々のトラック毎にFL Studioのミキサートラックに送るチャンネルを
  設定可能
  --の表示なら、FPC側で設定されたトラックに送られる
   

|

« FPC(FL Pad Controller)は...- FL Studio5 | Main | FL Studio 5 のアルペジエーター2種類(Arpeggiator) »

Comments

The comments to this entry are closed.