« October 2004 | Main | December 2004 »

2004.11.30

Piano Roll Arpeggiator - FL Studio5

■Arpeggiatorの起動
Piano Rollの画面でアルペジエーターを使いたい範囲を選択
左上端のPiano Roll Option(鍵盤のアイコン)→Tools→Arpeggiate..で起動。
01Arp.gif
■Pattern Box内■
Patternのファイルブラウザー(一番上のフォルダー)
 ここで"FL Studiio Score files(*.fsc)"という選択
 このファイルを元にアルペジオのパターンが作成される。
 
 フォルダアイコンをクリックすると"1note"~"5notes"のフォルダ。
 *.fpcファイルがいくつかあります。ファイル名が何やら意味しているようです。
3Notes.gif
   
■Options Box内■
 Pattern
 * Normal :パターンそのまま
 * Flip vertical :パターンの音階を逆順に
 * Alternate :リピート毎にNormalとFlip verticalを交互に
 
 Time mul (Time Multiplication)
  整数倍(1x,2x,3x,4x)でパターンをストレッチ。 右に回すと遅くなり、左に回すと早くなる
  
 Range (数字部分)
  アルペジオパターンのオクターブレンジ
  
 Range Pattern
  コンボボックスの選択肢は上記のPatternと同じです
  
 Sync
  これがよくわからない..アルペジオパターンのループの最後を
  どのように処理するか? というように読めるのですが、いろいろ
  試してみても効果がよくわからないのです..
 * Time :リピートを無効にさせる?
 * Block :ループの最後にすべての音が消える形?
 * Chord :ループの最後にコードの中のいくつかの音が消える形?
 
 Gate
  音符の長さを調整  
 Levels
  PAN,Volume,Cut,Resonance,Pitch などのツマミがあります。 これは見ての通りです。

■アルペジオを作成したあと;Piano Roll内の音符■
・黄色の音符~無視されている音符 
  パターンの長さを定義するためだけに使われている。
  逆に言えばループパターンの長さを微調整するのに役に立つ

・紫の音符 ~オクターブ範囲設定に影響されない音符
  Options-Rangeで設定したオクターブ範囲設定には影響されていない音符
  これはアルペジオパターンに複雑な動きをさせたいときに役に立つ

| | Comments (0)

FL Studio 5 のアルペジエーター2種類(Arpeggiator)

FL Studio 5のFruity Loops Edition以上の新機能に"Piano Roll Arpeggiator"
があります。
でも従来のVer.4時代からFUNC(Function Channel Settings)にもArpeggiator
があります。

つまりFL Studio 5のFruity Loops Edition以上では、FUNCのアルペジエーター
もPiano Rollのアルペジエーターも両方使うことができます。
これの違いは何か?よくわからなかったので調べたことをまとめておきます。

------------------------------------------------------
●Function Channel Settingsのアルペジエーター●
 これはアルペジエーターの効果をつける「エフェクター」
 まさにシンセについているアルペジエーターという感じ。
 リアルタイムかつ非破壊でアルペジオ効果がつけられる。
 
 いくつかパラメーターがあり、リアルタイムで効果を試しながら
 アルペジオを鳴らすことができる。

 使い方や効果がよくわかるのは
 Projects→Tutorial→Getting Started→Arpeggiator(上から9番目)
 のファイルを開いていろいろいじると、理解できると思います。
 
◆Piano Rollのアルペジエーター(FL Studio5の新機能)◆
 既にピアノロールに打ち込まれた音符を元にアルペジオになった音符を
 作ってくれる「アルペジオ生成マシン」
 
 アルペジオの生成のパターンは"FL Studiio Score files(*.fsc)"と
 いうファイルを元に作成される。(テンプレートのようなものか?)
 
 アルペジエーターが作成してくれたデータを見ながら、更に音符のエディットも可能。
 ただし、FUNCのアルペジエーターのようにリアルタイムで効果を確認することはで
 きない。Undoを使いながら試行錯誤となります。
  
 FL Studio 5の新機能。ただし$49のExpress Editionでは使えない。

------------------------------------------------------
と、ここまで調べましたが...やっぱ従来からのFunction Channel Settingsの
アルペジエーターのほうが使いやすくておもしろいな。
Piano Rollのアルペジエーターは、あんまり使わないと思います。

でも、せっかく調べたのがもったいないので別のエントリで使い方を
載せておきます。

| | Comments (0)

2004.11.25

マニュアルの抄訳 FPC (FL Pad Controller)-FL Studio5

FPCを使ってみた感想はこちらのエントリを..

マニュアルにはいくつか図表がありますので、
それを見ながら下記の抄訳をみるとよくわかると思います。
http://www.flstudio.com/help/html/plugins/FPC.htm
------------------------------------------------
FPCはAKAIのMPCシリーズに似たソフトウェアプラグイン。

FPCは制作・編集・ドラムキットの入れ替えが簡単で必要なものが
すべてそろったドラムマシン。
一つのドラムキットバンクにつき16までのレイヤーをサポート
インターフェイスは画面上部のタブによって3つのパートに分けられている。

■メインパッドのプロパティ■
 ・パッドセレクター 一番左 選択しているパッドを変える
 ・パッド名     パッド名を表示 右クリックで名前変更
 ・左のノブ   ボリューム
 ・右のノブ   パン
 ・緑のボタン ミュート
 ・赤のボタン ソロ
 ・オレンジのボタン スケールボリュームボタン
   ベロシティ=ボリューム
   強く弾けば大きく、弱く弾けば小さく
   後述のmultiple velocity-sensitive layersを使わない限りは
   ONにしておいた方がいい。
   
■パッド■ 
 ★画面の左半分部分★
 パッド名は左の下からつけられている
 左下がPAD1 右上がPAD16 
 
■パッドのコントローラー■
 ★画面の右半分部分★
 パッドと同じ並び方でパッドコントローラーが並んでいる
 
 箱の中の上の列
 左上 このパッドの音の音階
 右上 このパッドの音のオクターブ
 
 箱の中の下の列
 音を途中で切るためのグループの設定
 同時に鳴っていていてはおかしい音色、
 例えばハイハットのオープン、クローズなどを同じグループに
 設定すれば、同時に音が鳴ることはない。
 
■レイヤーの設定■
 真ん中のタブでは、レイヤー(音の重ね合わせ)の設定を行う
 
 各パッドの音色は複数のサンプルで構成可能。
 各サンプル重ね合わせはベロシティによって切り替えることができる。
 この機能はアコースティックドラムのリアルさを追求するには
 非常に重要である。
 
 ・CREATE 新たな空白のレイヤー(重ね合わせ)を作成
 ・DELETE 選択されたレイヤーを削除
   空白レイヤーにサンプルをロードするには
   左下のフォルダボタン(Browseボタン)をクリックして、
   サンプルファイルを選択
 
 ・REVERSE 選択したサンプルファイルを反転
 ・レイヤーの順番を入れ替える レイヤーを選択してMove Up/Down
  で上下する
 ・SPREAD EVEN ベロシティのレンジをレイヤーの個数で均等になるように
         設定
 ・LOCK LAYERS SPREAD EVENボタンの右
  それぞれのレイヤーのベロシティレンジが重ならないようにする
  どのベロシティでもレイヤーが重なることがないように設定される
 ・Full Pad Preview
  ここをクリックするとベロシティの強さごとにテストが可能
  
■レイヤーチャンネルのコントロール■
 左から右へ
 ・セレクトノブ
 ・ボリューム
 ・パン
 ・レイヤーピッチ 上下1オクターブのピッチチェンジが可能
 ・ミニサンプルプレビュー
 ・ベロシティレンジの設定
 
■ミキサー■
 このミキサーで設定は他の画面での設定項目と重複する項目もある
 しかし、一つの画面で一度に見られることで簡単に調整ができる。
 
 ・Mixer Track Offset
  個々のトラック毎にFL Studioのミキサートラックに送るチャンネルを
  設定可能
  --の表示なら、FPC側で設定されたトラックに送られる
   

| | Comments (0)

FPC(FL Pad Controller)は...- FL Studio5

FL Studio5が23日にリリースされました。かなりサーバーが
混み合っていたようで、なんとか24日にはダウンロード&レジ
ストできました。

以前このブログでFL Studio5のリリース情報を取り上げました。
FL Studio5の情報
そのなかで気になっていたのはFPC(FL Studio MPC)という
AKAIのMPCシリーズを予感させるようなプラグインです。

ですが..まあ「形がMPCに似たリズムマシン」といったところ
でしょうか。手軽なリズム作成機と考えれば、なかなか使いやすい
ものだと思います。MPCの機能を期待すると落胆します。

音色のプリセットは"TAMA"と"Gretch Full"という2つのセットが
用意されています。このままでも使えるでしょう。

MIDIファイルを読むことができ、約40個のドラムループのMIDI
ファイルが用意されています。
このFPCを使うことのメリットは、ステップシーケンサーにたくさんの
チェンネルが並ぶことなく、FPCのチャンネル一つでドラムチャン
ネルが完結するところでしょうか。
もちろんFPC内でトラック毎にミキサートラックを設定することもで
きるのでエフェクトも個々に設定できます。
FPC内で16音色まで設定でき、FPC内部のミキサービューで
音量バランスも調整できます

という感じで簡単、シンプル、スピーディーというのがFPCの
いいところです。

今後自分がこれをガンガン使っていくか?というとクエスチョン
マークですが、MIDIベースでサッと作成したいときには使うかな~~
という感じです。

flstudio.comに載っていたマニュアルを抄訳しました。
長くなるので別のエントリでアップします。

| | Comments (0)

2004.11.22

ヨネスケ

先週の金曜日、会社の先輩の家にヨネスケが来た、
という話題で持ちきりだ。
もちろんあの「突撃!隣の晩ごはん」の取材だ。

本当にいきなり何の予告もなく来るらしく、玄関のチャイムが
なったと思ったらイキナリ上がり込んできたそうだ。

ちなみにその夜の晩ご飯は唐揚げだけだったそうで、
けちょんけちょんにヨネスケにやられたそうです。

出演料(?)はヨネスケの色紙一枚ということです。
放送は12月ということだけど、採用されるのかな??

あれは本当にヤラセじゃないんだな..と納得した。

| | Comments (0)

2004.11.08

PCR-1とPCR-M1の違いは結構大きい

EDIROLからMIDIコントローラーPCR-M1が発売されました。
単にPCR-1からオーディオインターフェイスを省いただけだと
思っていたら、そうでもないみたい。
特にMIDIや電源関係で改善されている点が多いので、
調べて比較してみました。
http://www.roland.co.jp/products/dtm/PCR-M1.html










PCR-M1PCR-1
オーディオ
インターフェイス
なしあり
MIDI端子ありなし
ロータリーエンコーダーありなし
コントローラー端子ホールド
エクスプレッション
なし
ピッチべンドホイール感圧式スイッチ式
電源USBバスの他
電池、ACアダプタ
USBバスのみ
実売価格25,00035,000

■両方の共通点
 S.L.I.M.キーボード採用
 好き嫌いが別れます。ちょっとカクカクした感じがあるの
 否めません。私は入力装置と割り切っているので気になりません。
 この圧倒的な薄さのメリットは大きいです。厚さは28mmです。

○PCR-1のいいところ
 別にオーディオインターフェイスを用意しなくてもすぐDTMができる。
 これとCubaseなどのシーケンスソフトがあれば、すぐに始められる。
 場所も取らないし、移動する人にもいいのでは。

×PCR-1の弱点
 電源USB端子からの供給のみで、MIDI端子もついていない。
 パソコンにつないで使うのが大前提。
 MIDI端子もついていないので、他のMIDI音源のコントローラーとしては
 使用できない。
 ピッチベンドはスイッチ式。これはあらかじめベンドするカーブを設定して
 おいてそれをOn/Offするという方式

○PCR-M1のいいところ
 MIDI IN/OUT端子がついていてMIDIインターフェイスとしても
 使用可能。
 電池、ACアダプターでも使用可能。電池で使用できるのはなかなか
 いいなあ。ライブでちょっとしたフレーズを弾くのにも便利そう。

 ピッチベンドは感圧タイプのコントローラー採用。連続的な変化や
 中間値の表現も可能ということですが、どの程度演奏に耐えられるか
 は未知数です。スイッチ式よりはマシ、という程度でしょう。

×PCR-M1の弱点
 PCR-1と比較すれば、オーディオインターフェイスが付いていないところ。

■ライバル機種

PCR-M1が発売されるのに合わせたように、ライバル機種も発売されています。

超スリムなフルサイズ25鍵盤MIDIコントローラO2 10月15日発売
http://www.m-audio.co.jp/products/O2/O2.html
約2万円で厚さは38mm。ただし、ツマミは結構飛び出ているので
上記のPCR2機種の方が薄く感じます。

2万円というなかなか狙ってきた価格設定、Reason Adapted
Expressが無償バンドルされているのは惹かれるところです。
...と、O2がかなりイイ値段で狙ってきているので現在悩み中です

| | Comments (0)

2004.11.05

R25のブックレビュー:「子どものための哲学対話」

このブログで5月にこの本を取り上げました。
2004.05.19「友だちはいらない!」のエントリ

昨日(04/Nov/04)に首都圏で配布のフリーペーパーR25
ブックレビューで、「子どものための哲学対話」が一番大きく
取り上げられて驚く。この本が出たのは1997年だから約7年前。

はやりすたりとは関係なく、ブックレビューに取り上げている姿勢は
なかなかいいと思います。
この本について私が思うことは5月のブログに書いたので、
今回の私のブログはこの辺で..

子どものための哲学対話-人間は遊ぶために生きている! 
永井均・著 内田かずひろ・絵 講談社
子どものための哲学対話―人間は遊ぶために生きている!

| | Comments (0)

2004.11.04

FL Studio5:12月初めにリリース

http://www.fruityloops.com/ のフォーラム内でFL Studio5の
情報が案内されています。正式な発表は12月初め頃で、レジスト
しているユーザーにはメールで案内されるとのことです。

私はまだレジストして2週間しか経っていないので、イマイチ用語が
わからないのですが和訳&抄訳です。またよくわからないところは、
間違いがあってはいけないので省きました。すみません...

個人的にはタイムストレッチ機能とFL Studio MPCというAKAIのMPCシリーズを
予感させるようなドラムマシンのプラグインに期待しています。
----------------------------------------------------------------
オーディオトラックとサンプラーにてタイムストレッチを実現
  ・FL Studioではハイクオリティの"ZPlane Elastique"タイムスト
   レッチを装備
  ・サンプラーとオーディオクリップは、タイムストレッチをサポート

オートメーションクリップ&改善されたオーディオクリップ
  ・新しいオートメーションクリップを、プレイリストに追加
   それぞれのクリップはspline-based(自在定規のような?)
   波形とLFOユニットをサポート
  ・プレイリストセレクションの外で、オーディオクリップを調整する
   オプションを追加?

レコーディングでの改善点
  ・ループレコーディングとオーバーダブの機能を追加
  ・オーディオレコーディングでアンドゥーが可能
  ・Right-click arm a Mixer track for a quick default name.??
  ・Ability to leave tracks armed after recording.??
  ・Selecting an ASIO input arms the track automatically. ??
   <下3つはうまく訳せませんでした..>

新しいプラグイン
  ・FPC FL Studio MPC ドラムマシンのプラグイン
   <名前からしてAKAIのMPCシリーズのようなドラムマシンでしょうか>
  ・WaveShaper グラフを使ったディストーション
  ・Video Player 演奏と同期させることのできるビデオプレイヤー
   (これは追加料金35ドルが必要)
 
プラグインの進化
  ・Granulizerは、とてつもなく進化。"transients"と"new key-to modes"
   をサポート
  ・Sytrusは、グローバルエンベロープを使いか。新しいカーブのタイプなどが追加
   されている
  ・Fruity Slicerは、新しいスライスエンジンとタイムストレッチに対応。
   FL StudioとSlicerはReCycle!のループファイルをロード可能
  ・"DrumSynth Live"は120ものパッチを同時にサポート

新しいツール
  ・強化されたアルペジエーター(ピアノロール内)
  ・ドラムフラムツール(ピアノロール内)
   <これはフラムを打ち込みやすくするツールだろうか?>
  ・レガートや表現をなめらかにするツール(ピアノロール内)
  ・ブラシツール(イベントエディター内)

その他の新しい機能
  ・高品質のリアルタイム再生のための、新しい書き込みのオプション??
  ・ノートスライスマーカーをつけたまま、オーディオファイルをレンダリング
   するオプション?? 
  ・テンポタッピングの機能を、テンポの右クリックメニューの中に追加
  ・MP3ファイルをサンプラーチャンネルとオーディオクリップにロード可能

  まだまだたくさんあります。すべてのリストはフォーラム内の"WhatsNew.doc"
  をダウンロードしてみてください。

...というのがFruity Loops フォーラム内の案内です。

| | Comments (0)

2004.11.01

PRIDE28 (High Octane) Review

金曜日のブログで予想をアップしましたが、結果は5勝4敗...
あまりよく知らない選手の予想をことごとくハズしました。

吉田がガードナーとの対戦を発表し大晦日に向けていろいろ
出てきています。PRIDEはこれからどんなサプライズを用意し
てくるのか楽しみです。
今のところ一番楽しみなのはTBSからくりテレビのボビー・オロゴン
参戦です。

□予想が当たった試合は□

○ヴァンダレイ・シウバvs●クイントン・ランペイジ・ジャクソン
 意外にシウバが苦戦していた。ジャクソンもかなり成長していた。
 大晦日はシウバとアローナでやって欲しいなぁ...
 
○ダン・ヘンダーソンvs●中村和裕(吉田道場)
 中村はつらいなぁ。吉田道場っていうのしか売りがないんだもん。
 試合自体も消化不良だったし。

○マーク・ハントvs●ダン・ボビッシュ(USA)
 当初は興味が湧かない対戦でしたが、なかなかおもしろかった。
 吉田戦の時もそうでしたが、ハントはなかなか防御というか逃げるのが
 うまいなぁ。あれだけ側頭部に蹴りが入っても耐えきったし。


○アリスター・オーフレイムvs●金原弘光
 やっぱ体格差がそのまま出てしまった試合です。
 あれだけヒザ蹴りをぶち込まれると、何もできないでしょう。
 金原はあまり体格差のない相手と戦うところを見たい
 
○ヒカルド・アローナvs●セルゲイ・イグナチェフ
 早々とテイクダウンを奪ったので、あっさり勝つかと思った序盤。
 でもイグナチェフの防御がなかなかしつこくて苦戦してましたね。
 最後は見事!という感じでしたが。

■予想はずれ■

○ミルコvs●ジョシュ・バーネット
 えっ...という感じ。ミルコが強運なのか、うまくかわしたのか..
 消化不良です。

○エメリヤーエンコ・アレキサンダーvsジェームス・トンプソン
 わずか12秒の試合でしたが、おもしろかった。予想は外しましたが..
 アレキサンダーが、いきなり右フック食らって終わりかと思ったら
 まさかの逆転劇...
 トンプソンは継続参戦して欲しいな。じっくり試合を見てみたい。

○チェ・ム・べvs●ソア・パラレイ
 いや~これも激しい試合だった。予想は外したが..
 
○ヒース・ヒーリングvs●横井宏考
 横井負けてしまいましたね..残念。寝技系の相手なら対応できても
 パンチやヒザ蹴りが得意な選手は難しいと言うことか...


Vanderlei Silva defeats Quinton 'Rampage' Jackson by KO, RD 2.
Mirko 'Cro Cop' Filipovic defeats Josh Barnett by TKO, RD 1.
Dan Henderson defeats Kazuhiro Nakamura by TKO, RD 1.
Mark Hunt defeats Dan Bobish by TKO, RD 1.
Alistair Overeem defeats Hiromitsu Kanehara by TKO, RD 2.
Alexander Emelianenko defeats James Thompson by KO, RD 1.
Ricardo Arona defeats Sergei Ignachov by rear naked choke, RD 1.
Cho Mu Bae defeats Soa Paleilei by rear naked choke, RD 2.
Heath Herring defeats Hirotaka Yokoi by KO, RD 1.

| | Comments (0)

« October 2004 | Main | December 2004 »