« November 2004 | Main | January 2005 »

2004.12.29

FL Studio 5.0.1リリース

先日(04/Dec/08)にバグフィックスの記事を書きました。
その後順調に(?)パッチのバージョンアップが続き、
20日には最終バージョンであろう、fl50_patch_6.zip
リリースされました。

           ●
なのですが...さらに21日にそれをすべて含んだ FL Studio 5.0.1
リリースされました。
5.0.1はpatch_6で修正されている内容も含み、更に新しいものだということ
です。

巨大なファイルをダウンロードするのに支障なければ、
こちらを使用することを勧めています。35.8Mあります。
ダウンロードはtucows.comから  http://www.tucows.com/preview/209204.html

パッチの3~6で対応された項目は以下の通り
 FL Slayerのパンのバグを修正
 FL Keysのスライドのバグを修正
 wrapper, SimSynth , DX10のいくつかのバグを修正
 Quantum FXプラグインでクラッシュしたり、音が出ない問題を修正
 Fruity Video Playerの起動時にクラッシュするバグを修正
 DrumSynth Live のパッチ名を編集してるときのバグを修正(2つ)

最近忙しくて曲作りができていないので、5.0.1で年末年始は楽しみます。

| | Comments (0)

2004.12.27

油性ボールペンを比較してみる-2

以前のエントリで各社ボールペンの感想をアップしました。
で、その結果現在使っているのは

 メイン:ドクターグリップ Gスペック
     ソフトグリップ
 サブ1:ゼブラ ジムノック
 サブ2:三菱鉛筆 パワータンク スタンダードノック式
 
というわけで、従来のラインナップにパワータンクが加わった
だけでした。
Dr.GRIP G-SPECは、やっぱイイってことを再発見しました。
握りごこちは似たものもあるのですが、新開発のインクのA-Inkが
全然違う。黒がクッキリ出るし、インクダマもできないし、さらさらと
書きやすい。なのに、なんとたったの630円。文句ないです。

他に革命的な商品がでるまでは、ドクターグリップ Gスペック
を使い続けると思います。

| | Comments (0)

2004.12.26

今だから

25日の深夜 小田和正の「クリスマスの約束」を見ているとなんと
あの「今だから」を演奏していて驚く。財津和夫と小田和正の二人
で歌っていた。ん~なつかし~。

作詞作曲と歌は、松任谷由実・小田和正・財津和夫の三人。
編曲は坂本龍一。1985年の作品だから、YMO散解のあと音楽図鑑を
出した直後ぐらいの仕事か。もろに「坂本節」全開でキーボードも弾いていた。
ドラムは高橋幸宏で、ベースは後藤次利。とんでもない組み合わせだ...

この曲で国立競技場でのライブ"ALL TOGETHER NOW"も出演した。
同じライブで「はっぴいえんど」も再結成。はっぴいえんどのライブ音源は、
レコードになっていた。
私がはっぴいえんどを初めて聞いたのはこちらの音源なので、あとから
オリジナルのはっぴいえんどを聞いて、その違いにまた驚いたことを思
い出す。80年代という「時代」もあるのか、ずいぶんとまたポップなアレンジ
になっていました。(これもCD化されていないみたいだ)

                   ●
番組の中では財津和夫は、「まったく自分の曲だという気がしない」とい
うようなことを言っていたが、今夜の演奏は財津和夫が参加した曲という感じ
は十分出ていた。
この曲の歌い始め部分は小田和正のパートだったが、今回は財津和夫が歌っ
ていた。ここで、曲のイメージが決まった感じだ。

テレビのライブなのでずいぶんとショートカットバージョンでしたが、
雰囲気は十分堪能しました。
この曲で「小田和正の声っていいなぁ~」と思ったことを思い出す。
3人で歌っていてしかも男女の組み合わせだから、歌い手のキーがかなり
違うのですが、絶妙のパート分けで全員のおいしいところがうまく活かされ
ていたアレンジだったなぁ。

で、ひさびさにCDで聞いてみたいなぁ~と思ったのですが、残念ながら
CDで再発されていないようですね。オリコン1位を取った曲でも、なかなか
難しいんですね。残念だ...

たのみこむ
http://www.tanomi.com/metoo/naiyou.html?kid=9649&start=0

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.12.24

油性ボールペンを比較する-1

先月(2004/11)某専門学校の情報誌に「メーカーおすすめのボールペン」
の特集があり、各メーカーオススメのボールペンが紹介されていました。

筆記用具は昔から悩んでいて興味のある記事だったので、紹介されていた
ボールペンを一通り購入し約一ヶ月試してみました。
紹介されていたボールペンは、すべて油性ボールペンです。

◆ゼブラ◆ 
 ●ジムノック 105円
  これは定番中の定番。会社でまとめて購入しているのもコレ。
  ゼブラ伝統?のK芯で安心して使える。なかなか書き味もよくて
  好きで使っているのですが、やはり長時間使っていると手が痛く
  なってきます。

 ●エアーフィットS 315円
  これもK芯だ。インクはジムノックと同じですがグリップに特徴が
  あります。シリコンの中に空気が入っていて、クッション性
  があり、よく手になじみます。書き味は、可も不可なくです。
  
  また、今回の記事では紹介されていませんがこのエアーフィットの
  グリップと軸にIC半導体膜というものを埋め込みまれた、「IC
  アルファー」というボールペンもあります。これは使っていると疲れ
  や冷えをやわらげてくれるという、商品でなかなか興味をそそられます。
  http://www.ic-alpha.com/products/products.shtml
  
◆パイロット◆
 ●ドクターグリップ Gスペック Dr.GRIP G-Spec
  まず握りやすいし、ペンの重さを感じない。初期のドクターグリップより
  進化していると思います。
  重量のバランスがいいのか、ペンを回しやすい(あまり関係ないが..)
  まずインクダマができることはありません。
  あと相武紗季ちゃんがCMをやっているというのもプラスポイントか。
  (これはもっと関係ないが...)
  使用感は以前のブログにアップしたのでこちらも参照を...

◆ぺんてる◆ 
 ●エルゴノミックス 525円 替芯 63円
  初めのうちは何となく慣れなかったが、長時間使っても確かに疲れない。
  しかも親指の付け根にあたる部分が可動式になっていて、自分専用に
  カスタマイズできる感じ。
  グリップも指紋のような模様がついていて、まったく滑らない。
  このガッチリ感は他の追随を許しません。
  
  インクは可も不可もなく、まあまあか。
  ただ、どうもデザインが好きになれない。またペンの中央部が太いので
  ペンケースに入れて持ち運ぶのには向いていない。
 
◆三菱鉛筆◆
 ●アルファゲル 525円
  これはグリップに特徴有り。グリップのシリコンが先端の口金部分まで
  覆っている。なので、ペンの先の方を持って書く人には最適。
  しかもこれは他にはない感触。上記のエアーフィットもかなり柔らかいですが、
  それとはまた違う感じ。コレを使ってたら絶対にペンだこができることは
  ないでしょう。
  ただ、私には少し固めグリップのアルファゲルHD 630円がちょうど
  いい感じでした。
  インクは普通のボールペンという感じ。長時間使っているとやはりインクダマ
  ができます。

 ●パワータンク スタンダードノック式 210円
  パワータンクの名の通り、たっぷりインクが入っている感じ。
  なんでもリフィルの中に圧縮空気が入っていて、この空気が
  インクを押し出す仕組みになっているとのこと。
  寝転がっても、濡れた紙でも、氷点下でもOKなので、
  吹雪の中、屋上で受験することになっても安心です。
   http://my.reset.jp/~mars/btg/ichiban/ichiban2.htm
  四菱ハイユニじゃなくてもなんとか行けそうです。
 
  これは他のものとは違う書き味でボールペンの方がどんどん
  進んでゆく感じ。早く書くのには最適です。
 
  ただ、惜しいのが何となく握りにくい。なんというのかズン胴で
  クビレがないのです。「タンク」だから、こういう形なのかも知れません
  が...
  もうちょっと高くなってもイイから、手にフィットする形になれば
  文句なしです。
 
 以上4メーカー6ボールペンが、記事で紹介されていた内容です。
 で、この結果私がどのボールペンを使うようになったかは、また
 あらためて....

| | Comments (0) | TrackBack (0)

カラオケ本日より値下げ

FromToday365日貼られているこの看板。プラスチックで作られ、しっかりと
接着剤で貼り付けられている。

たぶん5年ぐらい前から貼ってあるような気がする...
通るたびに不思議な看板だと思う。

| | Comments (0)

2004.12.08

FL Studio 5.0のバグフィックスリリース

おととい(2004/Dec/06)にFL Studio 5.0のバグフィックスパッチがリリース
されました。
http://forum.e-officedirect.com/forum.exe?ForumName=FLStudio_LoopTalk&ViewID=309351567&ScreenWidth=1024&ScreenHeight=768&ACTION_MESSAGEFRAME=OK
わかりにくい場所だ...

●不思議な点
 きちんとパッチが当てられていてもバージョンは5.0.0のまま...
 見た目ではパッチが当てられているかどうかわかりません。

 デフォルトのインストールフォルダ(C:\ProgramFiles\Image-Line\FLStudio5)
 にFL STUDIO5がインストールされていないとパッチが当てられないような...
 デフォルト以外のフォルダにインストールした場合大丈夫なのか?

●インストールの方法は
 1.zipファイルを解凍
 2.解凍された"FL50_update.exe"を実行
  あとは、ウィザードに従って行くだけです。

■主な修正点は...
・Fruity Granulizerがクラッシュしてしまうバグを修正

・ファイルブラウザでサンプルを視聴しているとき、ループする機能を無効にした。
 <適切でないループポイントがたくさんできてしまっていた>

・デュアルモニターで使用した場合の問題を修正
 セカンドモニター上でも最大化可能、また最大化したときのモニターを記憶?

・FPC:サンプルを保存するとき相対パスを使用

・プレイリスト、ピアノロール、イベントエディターをワーキングエリアから切り離す
 オプションを追加。セカンドモニター上で最大化することも可能
 
 
プレイリストなどを切り離す(detach)オプションは、地味ながらなかなか便利です。
プレイリストで言えば「左上のPlayList Options→View→Detachedにチェックマーク」
そうすると、ワーキングエリアを超えてプレイリストを配置できます。

デュアルモニターや解像度の高いモニターを使用している人は、さらに
便利に使えるでしょう。

| | Comments (0)

2004.12.07

雑誌「日本の祭り」で御柱祭

今日(04/12/07)発売の「日本の祭り」という雑誌では御柱祭
の記事が大きく載っています。
上諏訪に約10年住んでいたものには、なかなかうれしい記事です。

asahi.com の”オフタイム”の欄に記事の一部が紹介されています。
http://www.asahi.com/offtime/matsuri/041207.html

上記のリンク先の説明も、結構詳しい説明なので御柱祭を知らない方
にも参考になるのではないかと思います。

ただ、この雑誌を読んで御柱祭に行きたい!と思っても次の
御柱祭は6年後の寅年なんだよなぁ...それが問題だ。

| | Comments (0)

« November 2004 | Main | January 2005 »