« January 2005 | Main | March 2005 »

2005.02.28

「変容」Metamorph

新日曜美術館(05/Feb./27)は、ヴェネチア・ビエンナーレ
第9回国際建築展での日本館の特集。
昨年(2004年)のビエンナーレはメタモルフ(Metamorph)
「変容」がテーマだった。

日本館の展示は2004/09月から11月までの期間中に
約5万人が来場し一大センセーションを起こしたということだ。

その展示は..
 "OTAKU persona=space=city" [オタク 人格=空間=都市] だ。

こういう展示だけに誤解されやすいのかもしれない。
今回のビエンナーレは「建築展」であり、決して「芸術展」ではない。
オタク文化が「都市の変容」にどう影響したのか?という観点から
今回の番組や展示を考えないとその意図を見失う。

総合ディレクターのクルト・フォスター氏(Kurt W. Forster)
のコメント
 「文化の完璧な変容。これが如実に表現されているのは
  日本館以外にない」
これに集約される。
別にオタクのこと紹介するのが目的ではないのだ。

以下は気になったコメントのまとめ。
●秋葉原という都市の変容が他の街とは何が違うのか
 特定の業種が集まっているような街は他にもある。
 秋葉原にオタクが集まるようになって、秋葉原という街が
 「変容」した。
 
 従来:行政や企業が都市をデザインしてきた
  秋葉原はオタクが集まることで都市が変容した初めての例。
  このことは秋葉原だけのローカルな話ではない。
  今後は行政や企業のパワーが落ちてゆく。
  それに伴い街に集まる人々の趣味によって、街が変わることが
  増えるかもしれない。
  
●価値観の輸出
 従来:欧米から価値観を輸入して、モノを輸出していた。
 
 日本がモノを輸出するのでもなく、また欧米の人々が何か好みかと
 考えるのでなく、オタクが何を好んでいるかを提示しようと考えた
  
●性格:世界的 文化:日本的
 ゲームなどに夢中で服装に無頓着な人は世界中にたくさんいる。
 しかしオタクは、日本的なモノである。
 つまり性格としては世界的なものではあるが、文化としては
 日本的である。

●オタクとマニアはどう違うのか?
 ・マニア 鉄道、切手、カメラのように具体的に実体のあるものを好む
 ・オタク 虚構の世界のものが対象
       しかも世間的にはダメだと思われているもの
       マンガ、アニメ、ゲームを好む

「侘び、寂び、萌え」の話や、大阪万博が「オタク文化」の始まりの象徴
だという分析は非常におもしろかった。
ただ日本館の展示の意図を伝えるのには、余計な情報だった
かもしれない。あくまで今回の展示は「建築展」なのだから...


■関連リンク
新日曜美術館(2005/Feb./27)
「都市を変えるポップカルチャーOTAKU・おたく」
http://www3.nhk.or.jp/omoban/main0227.html
ヴェネチア・ビエンナーレ第9回国際建築展日本館
http://www.jpf.go.jp/venezia-biennale/otaku/j/
日本館コミッショナー森川嘉一郎氏
http://homepage1.nifty.com/straylight/main/

| | Comments (0)

2005.02.22

ジャズ・オークション@ニューヨーク 結果

先日のエントリで書いたジャズ・オークションの結果をasahi.com
で見つけました。

チャーリー・パーカーのアルトは$225,000(約2400万円)で
競り落とされたとのことです。
http://www.asahi.com/culture/update/0222/001.html

他に海外のサイトのニュースをピックアップすると..

チャーリー・パーカーが1955年に亡くなった後、奥さんのChan Parkerは
アルトをベットの下に隠した。そして彼女の亡くなる直前の1999年に、
そのことを彼女の娘に遺言として伝えた。なんと44年間もベットの下で
保存されていた。そのサックスが今回2400万円で落札されたもの。

○ジョン・コルトレーンのテナーサックスやウェス・モンゴメリーの
 ギターは、買い手が付かず。
○ディジー・ガレスピーのトランペット  $26,000 US(約273万円)
○ライオネル・ハンプトンのビブラフォン $50,000 US(約525万円)
○1964年にコルトレーンが母に宛てた手紙 $16,000 US(約168万円)
○コルトレーンのA Love Supreme (至上の愛)のアレンジ譜 $110,000 (約1155万円)
○セロニアス・モンクの高校時代のノート $60,000 US(630万円)
○ベニー・グッドマンのクラリネット $25,000 US(262万円)

今回のオークションは普通のオークションとは違い、どのアイテムにも
予想価格が付けられていない。
なぜなら普通予想価格は前例を、元に付けられる。
しかし今回のジャスオークション自体が前例がないため、予想価格が
付けられなかった。
まさに、このオークションが初めてのものだという証左でしょう。

下記のリンクのサイトが参考になると思います。
http://www.nynewsday.com/entertainment/galleriesandmuseums/nyc-jazz-gallery,0,742250.photogallery?coll=nyc-fasttrack-top-utility
http://www.cbc.ca/story/arts/national/2005/02/21/Arts/jazzauction050221.html
http://www.turkishpress.com/w.asp?s=u&i=050220223641.ogq1crdz
http://www.usatoday.com/life/music/news/2005-02-20-jazz-auction_x.htm

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.02.16

Last.fm(ラスト・エフエム)中毒

たとえるなら
 「お前この曲好きじゃない?」 と、繰り出される曲の数々..
 「おぉイイねぇ、この曲!...でも、なんでこんなにオレの好みを知ってるの?」
Last.fmを聞いていると、こういう体験の連続だ。

既に誰もが書いているかも知れないが、last.fm(ラスト・エムエム)
http://www.last.fm/はホントにスゴイ。
これでBeta版なのだから、本稼働したらもっと魅力的なサービスになるのだろう。
PCを起動しているときは音楽を流しっぱなしにしている。

これは
 「自分専用ラジオ」プラス
 「自分好みの曲を探してくれる専属コンシェルジュ」
と言える。

特徴は
 ・パーソナライズが非常に簡単にできる。簡単というか、音楽を聴いている
  だけでパーソナライズができてしまう
 ・ブロードバンドの環境があれば、どこでも自分専用のラジオが楽しめる
 ・他の人のラジオを聞くこともできる
 ・今のところは無料

サイトのサービス自体はネットラジオに分類されるだろう。アカウントを取得しただけ
でも、ラジオを聞くことはできる。しかし、パーソナライズ(自分の好きな曲に合わせ
たカスタマイズ)の仕組みがすばらしい。
簡単に言えば、iTunesで自分の好きな曲を聴いているだけで、勝手にlast.fm上
でパーソナライズされていく。

この画期的な機能は、iTunesなどのオーディオプレイソフトにAudioscrobbler
(オーディオスクロブラー)というプラグインをインストールすることで実現されている。
このAudioscrobblerを通して、自分が聴いた曲のデータがLast.fmの自分のアカ
ウントに送られる。
パーソナライズする方法は、他にも自分で直接アーティストを追加したりする方法
も用意されている。
           ●
この曲を聴いたデータ(Tracks Played)が300曲を超えた時点で、自分専用の
ラジオ(Personal Radio)の機能が使えるようになる。
このPersonal Radioは、ともかく自分の好きな曲ばかり流れてくる。パーソナ
ライズのデータが蓄積されればされるほど、自分専用ラジオになる。

100曲を超えた時点でも、自分と似た趣味を持った人のラジオ(Profile Radio)を
聞くことができる。
この自分の好みと似たユーザーは、Neighbours(ご近所)と呼ばれ自分の
プロフィールを元にアカウントページに表示してくれる。
この他の人のラジオを聞く機能が、非常にオモシロイ!今まで知らなかったのに
これはイイ!と思う曲がどんどん流れてくる。
なんだか「のぞき見」というか「のぞき聴き」をしているようで、後ろめたいというか、
わくわくするというか...複雑な気持ちだ。
そして流れてきた曲が"LOVE"なのか"SKIP"(飛ばす)なのか"BAN"(もう聞きた
くない)なのか判定してあげれば、自分が好きな曲or嫌いな曲のデータベースが
どんどん蓄積されてゆく。

これをもとに「自分が知らなかったけど好きな曲」だったり、元々知っていて好き
な曲もPersonal Radioからガンガン流れてくる。

このLast.fmが広まっていけば、ここから新しい流行が自然発生するような
ことも当然あるだろう。日本でもやっとiTMSのサービスが始まると聞いているが、
それを飛び越えてとんでもないサービスがあるものだ、とオドロイタ。

| | Comments (0) | TrackBack (2)

2005.02.15

音速ラインのサイトがリニューアルしていた

2月1日から音速ラインのウェブサイトがリニューアルしていた。
http://onso9line.com/

前のサイトはわかりにくいサイトだった。レイアウトも崩れたりして
いたしなあ..
今度はドメインもわかりやすくなり、情報整理されてまとまっていて
なかなかGoodです。

で、トップページにはニューシングルリリースの案内が
 待望のニューシングルレーベル移籍伴い発売決定!!
 2005年4月13日(水) 「スワロー」
 1260円(tax in) UPCH-5298

レーベル移籍、ウェブサイトのリニューアルといい、これは何かを
予感させるというか期待させるというか...
           ●
さらに、メンバーコラムがライブドアブログを使って書かれている。
http://blog.livedoor.jp/onso9line/

ドラマーの菅原くんは、今日現在(05/Feb/15)まで食べ物のことしか
書いていない。でも、ボクも恵比寿駅の讃岐うどん好きです。
最近食べに行ってないけど...

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.02.14

サウンドストリートが週一で復活だ

2004年の夏と年末にそれぞれ一週間、日替わりのDJで放送された
サウンドストリート21。その評判がよかったのか、週一レギュラー
の番組として復活です。
昨年8月の槇原敬之がDJの時は食い入るようにラジオに聞き入りました。
そのときの私のエントリです。
http://dunga.cocolog-nifty.com/too_high/2004/08/21.html

           ●
2005/Feb/09(水)のNHKの
「平成17年度 国内放送番組編集の基本計画」によると、
http://www.nhk.or.jp/pr/keiei/hensei/

PDFファイルの30ページ
(8)FM放送 <午後11時台>
○「サウンドストリート21」(火・後11:20~前0:20) 80年代、個性的
な番組として聴取者から熱狂的な支持を受けた「サウンドストリート」が
21世紀版として復活。パーソナリティーの個性を前面に出し、独自の
選曲と魅力的なトークで構成する。
           ●
昨年(2004年)8月のパーソナリティーは
 9日(月) 草野マサムネ
 10日(火) 槇原敬之
 11日(水) UA
 12日(木) アジアン・カンフー・ジェネレーション
 13日(金) ハナレグミ 永積タカシ
 14日(土) 佐野元春

昨年(2004年)12月のパーソナリティーは
 26日(日) 甲斐よしひろ
 27日(月) くるり
 28日(火) YUKI
 29日(水) ROSSO
 30日(木) 一青窈 マシコタツロウ
 31日(金) 小西康陽

でした。今回の基本計画ではまだパーソナリティーはアナウンスされて
いませんが、どんな番組になるのか今から楽しみです。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2005.02.07

ジャズ・オークション@ニューヨーク

「ジャズ巨匠の逸品競売」の記事を土曜日('05/Feb/05)の朝日新聞夕刊で見つけた

記事によると
 ・楽器、手紙、楽譜など全部で425点が出展される
 ・ジャズだけ特化した競売は米国でも初めて。
 ・ジャズは大衆芸能とみなされ、歴史も浅いためか収集や投機の対象と
  なることは少なかった。
 ・数点を除き最低価格を設定していないため、販売額は予想がつかない。
 ・10年前にチャーリー・パーカーのアルトが1600万円で取引された
  ことがあり、今回も相当額になる見込み

オークション会社のガーンジーのサイトによると
http://www.guernseys.com/Auctions/Jazz/About.html

 場所:ニューヨークのリンカーンセンター
 日時:2005/Feb/20(Sun) 10:00-(PST) 15:00-(PST)
   日本だと翌日の夜中ぐらい?

日本からニューヨークまで行けなくても、eBayのLive Auctionで参加可能
http://www.liveauctions.ebay.com/catalogs/16888
こちらでは378点が紹介されています。
アイテムを見てみると
 ジョン・コルトレーンの手書きの楽譜多数(!)
 同じくコルトレーンのパスポートとか、色々な受賞した際の盾多数
  ともかくコルトレーン関係はこれでもか!!というぐらい出品されている。
  楽譜関係の最低落札価格は100ドルとなっています。そのぐらいでは
  すまないでしょうが...
 
 ルイ・アームストロングの楽譜や手紙など
 ロイヘインズのラディックのドラムセット
 スタン・ゲッツのセルマーマークVIのサックス
 ウェス・モンゴメリーのギブソンL5(!!)
 ディジー・ガレスピーのトランペット
 JJジョンソンのトロンボーン
  一本はヤマハのテナー、もう一本はカスタムメイドのテナー
  二本とも最低落札価格は1000ドル
 エリック・ドルフィーのアルトサックス
  
 まだ追加されるアイテムもあり。追加分のカタログは順次PDFファイルで
 サイトにアップされるとのこと。現在Addendum1.pdfというPDFファイルが
 公開されていました。

カタログは国際送料込みで50ドル(5000円強)
http://www.guernseys.com/Auctions/Jazz/Catalogue.html
上記のサイトから注文フォーム(Order today using our secure
on-line order form.)に行き、英語で住所を入力するだけ。
カード決済が可能。

これくらいなら手が出るからながめてニヤニヤしてみようかな..
-------------------------------------------------
2005/Feb./22 追記
オークションの結果に関するエントリをアップしました。
http://dunga.cocolog-nifty.com/too_high/2005/02/ny_result.html

| | Comments (0)

« January 2005 | Main | March 2005 »