« 4月のカウントダウンTVオープニングテーマ曲 | Main | 音速ライン スワロー2005年4月13日発売! »

2005.03.15

センテンスィーズがなくなった

NHKのラジオ講座「ビジネス英会話」の新しいテキストが今日発売。
テキストの表紙のイメージがガラリと変わり、本屋ですぐ見つけられなかった..
2005年度は一年間杉田先生が担当するのがうれしい。

パラパラとテキストをめくると"Sentences"(センテンスィーズ)の
項目がなくなっている。

「いつものようにセンテンスィーズ やってみましょうか。ビニエットの文の
サンプルですから、松下さんの後に続いて言ってみてください。」
のセンテンスィーズである。

このセンテンスィーズの言い方がちょっと印象的で、ここから
「さぁ、始めるか」と自分を切り替えるスイッチだったので、しばらくは
慣れないかも。
通常のレッスンは、センテンスィーズ以外は変化なし。ただ従来5回に
分けていたビニエットが4回に短縮。

5回目がビニエットの復習になった。6回目のレッスンでは
Lstening Challengeや英会話の表現練習になっている。従来の
「短いダイアログ」はなくなっている。

6回目のレッスンのListening Challengeは、テキストに載っているイラスト
やグラフを見て、英語の質問に対して適切なモノを選ばせるという形式。
明らかにTOEICの一問目を意識している構成。
従来のListening Challengeは、松下さんがわざと間違えて読んだところ
を指摘して修正するという形式。これはListeningに役に立つのか疑問
だった。しかも私にはムズカしすぎて、全問正解は難しかった。
今回の形式はなかなか期待できると思います。

また6回目に登場する「あんな時、こんな時」は、いろいろな状況に応じた
表現の練習。たしかこれは「やさしいビジネス英語」の時代にあったので
はないか?その復活だと思う。

           ●
4月から新しく「ビジネス英会話」を始める方もいると思いますが、
できるだけラジオで毎日聞いて欲しい。
別売りのCDもありますが、これには杉田先生と松下さんの解説が
入っていないので効果は半減といってもいいです。
また15分といえども毎日聴くことはペースメーカーになり、長続き
すると思います。

|

« 4月のカウントダウンTVオープニングテーマ曲 | Main | 音速ライン スワロー2005年4月13日発売! »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8389/3308824

Listed below are links to weblogs that reference センテンスィーズがなくなった:

« 4月のカウントダウンTVオープニングテーマ曲 | Main | 音速ライン スワロー2005年4月13日発売! »