« 音速ラインスタッフのブログ | Main | 犬がエンジンのスクーター? »

2005.05.31

ドクターグリップ・Gスペック@「ものモノ探検隊」

2005/05月初めから中旬まで、朝日新聞の「ものモノ探検隊」は
ボールペンが扱われていた。
その記事の中で(私の好きなペンの)「ドクターグリップ・Gスペック」
の製法の秘密が取り上げられていたので、気になったところを
ピックアップ。

細字ペンの開発競争とは距離を置き、滑らかな書き味の実現に
技術が注がれている。

03年発売の「ドクターグリップ・Gスペック」
 ・重量のバランスを設計から見直した
 ・ペンを指で握った部分(支点)とペンの重心を一緒にすることで、
  より少ない力で書けると考えた。
 ・口金とノック部分は金属から樹脂製にするなどの改善で、
  従来の6割の力で書けるようになっている。
 ・ペン先と油性インク(A-ink)は同時に開発。強い筆圧に耐える
  一方ゲルインク並みの黒く濃い色を出す。
 
群馬県の伊勢崎市にあるパイロットの工場。ここでドクター
グリップシリーズのペン先やインクを製造している。

 ・「Gスペック」では書き味をよくするため、インクの粘り
  を弱くした。
 ・このため、ペン先とボールの隙間からインクが漏れないよう、
  小さなバネでボールを奥から押している。
 ・バネを入れる工程は昨年機械化した。しかし手作業の製造
  メンバーも残し両方で製造が続く。
 ・これは次の機械を入れるための大切な研究材料なのだという。
 ・米国やブラジルなど海外にも工場があるが、ペン先やインク
  はすべてここの工場で製造されている。

こうやって読むと、すごい技術と手間が注がれているペンなの
だと思う。これがわずか600円程度で手に入ってしまうのだ
から、そのコスト削減はものすごい努力だと思う。

毎日3時間は「ドクターグリップ・Gスペック」を使っています。
でも、手が痛くなるということもない。インクダマができることも
ほとんどないのでイライラすることもありません。替え芯も100円
で買えるので長く使える。いいことづくしで何の文句もない、
なんだかGスペック礼賛エントリになってしまった...でもホント
にいいッスこれ。

|

« 音速ラインスタッフのブログ | Main | 犬がエンジンのスクーター? »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8389/4355353

Listed below are links to weblogs that reference ドクターグリップ・Gスペック@「ものモノ探検隊」:

« 音速ラインスタッフのブログ | Main | 犬がエンジンのスクーター? »