« Last.fmの"Tag Radio" | Main | Last.fm Profile / Tag Editor (BETA)が公開 »

2005.08.24

TITANS 2nd(タイタンズ)観戦記

キックボクシングの興業は初めて見に行ったので、見るものすべてが
おもしろかった。会場は国立代々木競技場第二体育館。
写真は伊原会長のあいさつ
V6010040
まず会場に入って感じたのはサロンパスというかサロメチールというか
湿布薬のにおいが充満している。たぶんプロやアマチュアでキックボクシングを
している人たちが、たくさん見に来ているのだろう。
そのにおいは、なかなか強烈で目を開けているのもちょっとツライぐらい(>_<)

第一試合が始まった時点で観客席は6割ぐらい埋まっていたか?
普通の格闘技ファン以上に各選手の知り合いの応援団がかなり来ている様子。
声援がものすごい。さながら運動会の声援ようだ。

           ●
第二試合で早くも内田ノボルが登場。ゴング前のシャドウを見てもなかなか動きが
よくて期待をしていた。が...内田が転倒したときネイサン・コーベットの蹴りが後頭部
に入ったらしく、タイムストップ。内田は倒れたままで動けなかったが、
そんなにキツイ蹴りが入ったようには見えなかったけどなぁ..
結局ドクターチェックが入りダメージが大きいということで内田の反則勝ち。
でもその割りには、花道を帰っていくときは普通に歩いていたけどなぁ。
ものすごく消化不良な一戦。あのイグナショフに勝ったときのキレを見たかったのだけど...

           ●
第六試合 シン・ノッパデッソーンと新田明臣の試合。
試合自体はあまり印象に残らなかったが、セコンドにニコラス・ペタス
そっくりなヤツがいるなぁ...と話していたら、なんとホントにペタスだった。

ペタス 年内復帰宣言!長州と合体も
http://www.daily.co.jp/ring/2005/08/23/184517.shtml

スネがポッキリ折れてしまった映像は衝撃だった。長州と組むのはどうかと
思うが、どんな形でもいいから復帰して欲しい!

           ●
第七試合は、ガオグライ・ゲーンノラシンと中迫 剛の試合。
ガオグライの「マトリックス・ディフェンス」を堪能。2Rに中迫からダウンを
取ったもののKOまで至らず。
中迫もテレビで名前は売れてはいるが実力がついて行ってない。戦績も
大幅に負け越しているし、そろそろつらいなぁ。

セミファイナルは「ラジャダムナンスタジアム認定・ライト級タイトルマッチ」。
ラジャダムナンスタジアムのルールに合わせて試合も行われる。

選手紹介が終わると、試合開始かと思ったらタイのあの独特の音楽が流れてくる。
選手はロープづたいに歩き、4つのコーナーに祈りを捧げる。
その後2人でリング内を2、3周し、それぞれ独特の踊りを始める。あれも、祈りの
一つなのだろうか。祈りから踊りまで含めて全部で5分ぐらいだったか。
で、音楽は一旦鳴りやみゴング。

ゴングの後は普通に試合かと思えば、またあの音楽が流れ始める。テンポは
60ぐらいか..試合もテンポに合わせたもっさりとした試合でだんだん眠くなって
くる。催眠術のようだ。しかもラウンドのインターバルが2分間あり、観客席もだれて
くるのがわかる。大太鼓の音が気持ちよくなってくる。

そのまま特に変化なく、最終5Rになると音楽が変わった。倍の120ぐらいの
テンポか。試合もそれに合わせて打ち合いの様相。挑戦者の石井の方がパンチ
の打ち合いでは優勢だったが、判定はチャンピオンの防衛。
ムエタイでは蹴りのポイントが重要なようだ。結局この試合は全部で50分近く
かかったように思う。

           ●
ファイナルは武田幸三vsジョン・ウェイン・パー。WKBAの70キロ級王者決定戦となっている。
私はジョン・ウェイン・パーがどんな試合を見せてくれるかが一番楽しみ
だったのだが、会場は圧倒的に武田への声援が大きい。

1、2R 武田はいつものようにローキック中心の攻撃。パンチもカウンターねらいのパンチ
だけだ。ジョン・ウェインは武田のローをかわしつつ一瞬のスキをついて、一気に攻撃を
仕掛けるのがウマイ。ここまではジョン・ウェインの優勢で、武田のローキックもあまり効いて
いないように見えた。

3R 武田のしつこいローキックが効き始めたようで、ジョン・ウェインはローを嫌がっている。
武田はロープ際でキックに来たジョン・ウェインの足をつかみ、パンチで猛攻を仕掛ける。
会場大盛り上がり。いったん中央に戻って今度はローキック連打で、さらに盛り上がり武田
がこのまま勝ってしまうのか!と思った瞬間、ジョン・ウェインが苦し紛れ(?)のパンチがアゴにヒット!
そのまま武田は起きあがれずKO。オレはうれしいけど、なんなんだよこのあっけなさは...
武田アゴ弱すぎ..会場も一気に盛り下がり、ほとんどの人がそのまま席を立つ。
でも、まあまあ満足できる興業だったと思う。
V6010046

全体的な感想だが、キックボクシングの試合は、ほとんどの試合が判定までもつれ込む。
もともとKOで終わると言うことも少ないようだ。しかもドローになる試合が多い。
試合自体は盛り上がっても、試合結果がよくわからないことが多かった。

観客は最終的には9割方埋まっていた。月曜日の興業にしてはまあまあの入り
だったと思う。ただ、プロモーションが弱いのか興業の注目のされなさ加減はちょっと
悲しかった。結構いい試合が組まれていたと思うのだが、スポーツ新聞や格闘技系の
ウェブサイトでも、小さい囲み記事だけ。
実際の試合内容も決して悪くはないので、3rd,4thと開催されるのであれば
がんばって欲しいなぁ、と思う。

詳しい結果はスポナビの速報へ
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/fight/other/live/200508/22/index.html

|

« Last.fmの"Tag Radio" | Main | Last.fm Profile / Tag Editor (BETA)が公開 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8389/5613129

Listed below are links to weblogs that reference TITANS 2nd(タイタンズ)観戦記:

« Last.fmの"Tag Radio" | Main | Last.fm Profile / Tag Editor (BETA)が公開 »