« September 2005 | Main | November 2005 »

2005.10.31

音速ライン@考えるヒット

「週刊文春 11月3日号」<2005/10/27(木)発売>
「近田春夫の考えるヒット(431)
 ~微妙なズレが心地よい…… 音速ラインのビートと歌詞」
 
この記事を要約しようと思ったのだけど、まったく無駄のない文章で要約できない..気になったところを、ピックアップしつつ感想を書いてみる。
 「音速ラインという名前を活字で見た時、ちょっといいなと思った。
  ~中略~
  朝のTVで彼等のインタビューとクリップのさわりだけが放映されていて、その内容が、きわだつもののある訳でないクセが妙に心に残る。」
  
と書いている。たぶん近田春夫は先日の「めざましテレビ」の出演を見たようだ。
そのときの私のエントリはこちら
too high: 「音速チェックしよ~」by 軽部さん
軽部さんもアヤパンも「気になる~」と言っていたが、近田春夫も気になっていたようだ。

記事で思わずうなづいた点は..
 「~
 構成の上手さがが、速度を決して単調なものにさせていない。
 フックとなる部分の配置等、一曲のなかで密度や緩急がよく計算されていて、聴き手をあきさせないのだ。
 特にコーダで最後のひとことがぐっと胸にせまる。この作りはにくい、と思った。
 」
 
コーダがぐっと胸にせまる、という点は音速ラインの曲を聞いた人はみんな納得するのではないだろうか?
特に最新の2作品「街風」も「逢瀬川」もそこがたまらない。ここが聴きたくなって、何度もリピートしている。サビではなく、コーダに持ってくるところが音速ラインの楽曲の憎いところだ。

また「一曲のなかで密度や緩急がよく計算されていて..」というところは、音速ラインの隠れた魅力だと思う。「隠れた」という言い方は正しくないかも知れない。「気付きにくい魅力」と言うべきか。

アレンジはバンドメンバー全員でやっているようだ。ドラマーもベーシストもしっかりした技術はあるのだがそのテクニックをひけらかそうとしていない。でも、よーく聞くとリズムは結構カッコイイことをやっていて、「やるなオヌシ...」と思わずにんまりしてしまうところがいいのです。
たぶんこの辺が、他のバンドと音速ラインを際だたせている点だと思います。

週刊文春の読者層が音速ラインのCDを買うとはとても思えないが、近田春夫になかなか評価されていたのが嬉しい記事でした。
ただ逆に音速ラインのリスナーが近田春夫を知っているかというと、これもまた疑問ですね(-。-)y-

音速ラインファーストアルバム「風景描写」2005/Nov/16発売です。
風景描写

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.10.29

音速ライン:ポップジャムレポート

音速ラインがNHKのポップジャムに出演しました。
まとまっていませんが、テキスト実況です。

0:45ごろ登場

逢瀬川 ちょっとショートバージョン

アンジャッシュ:渡部
さあ音速ライン「逢瀬川」聞いていただきました。
この曲がブレイクするぞ、と思われた方、
お手元のうちわをあげてください。どうぞ~

<会場が映る:まあまあ、あがっているように見える>

ブレイクレーダーは67.6% 146組中65位

<ちなみに63位は大塚愛で68.2%>

渡部:福島在住と言うことで...

藤井:そうなんですよ、今日も朝来ました。

渡部:あの、ものすごいホッとする顔ですね。
   いや~癒される顔だな~
   
アンジャッシュ児島:癒されるな~

渡部:今朝来たんですか?
   
藤井:今朝来ましたね

渡部:あの~やっぱこちらで活動するに当たってなかなか不便だと思うんですけど、なぜ福島を飛び出さないんでしょうか?

藤井:あの一回、一年間住んだことがあるんですけど

渡部:東京に?

藤井:ハイ。

渡部:どうでした?

藤井:負けて帰ったんですよ

渡部:ははは(笑い) 何に負けたんですか?

藤井:人混みにやられて帰ったんですよ。

司会者:人が多いからね

藤井:あの~よけるのがしんどくなって

渡部:確かに人混みよけるの下手そうですもんね。
   バンバンぶつかっちゃいそうだもんね

TMR:ちなみにおいくつぐらいなんですか?

藤井:ボク32です

?:じゃあ同世代ですね。 そうなんだ。
会場:え~~

児島:どうみても48は行ってる。
渡部:そんなことないだろ
TMR:腕の組み方がね、参観日会みたいなんですよ
児島:うちの子大丈夫かな~みたいな
渡部:ホントに癒しって感じだよね。
    あの~またぜひ東京にに来た際は番組のほう遊びに来てくださいね

音速ライン:ありがとうございました!!

司会者:音速ラインのみなさんでした!!

という感じです。意外に長い時間でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.10.20

読書メモ(2):文房具~知識と使いこなし

前回のエントリの続き..

文房具~知識と使いこなし 市浦 潤 新潮文庫 1986
この本を元に書類整理をいろいろ考えてみた

■書類の整理分類 ハンギングフォルダー・マニラフォルダー 188p-192p

仕事ではほとんどがPC上でのやりとりになるので、紙の書類を
扱うことは格段に少なくなっている。
しかしそれでも書類整理に頭を悩ますことは多かった

ただ仕事での書類整理は個別フォルダーを使い始めて、ほとんど
困ることはなくなった。

私が行っているのはなんと言うことのない単純な分類方法だ。

 「一つの案件には一つの個別フォルダ」
 「必ず見出しを付ける」
 「超整理法方式でファイルボックスに入れる」

などの原則を守る程度で手間もかからず、退社時には机の上も
スッキリする。

最近オフィスデポに行くと、この個別フォルダーを使った整理
方法が大きく展開されている。
ただコレはオフィスデポの日本市場に対する啓蒙活動のような
展開で、それほど売れているようには見えない。

しかし実際にアメリカのドラマや映画を見ていても個別フォルダー
(マニラフォルダー)が登場することも多く、これは標準的な
オフィスの姿だろうと思う。

最近深夜に放映していた24シーズンⅢでも、キムがチェイスに
容疑者の資料を渡す際、マニラフォルダーごと資料を渡していた。
たぶん“フォルダーごと”渡すのが重要なのかも知れない..

           ●
■3穴フォルダーシステム 171p-

この本が出版された当時は3穴バインダーの入手すら難しかったようだが、
現在はオフィスデポで入手できる。
 
3穴の使い勝手や書類が傷まないということを考えれば使ってみたい
のだがイマイチ踏み切れない。仕事で紙を扱うことは少ないが、資格などの
勉強をするときはバカみたいに紙を消費する。

ファイルも手に入るようになったが、まだ仰々しいモノしかない。
またリーガルサイズのモノが多く、A4版は微妙にはみ出してしまう。
それ以上にいいパンチが見つからない。3穴という構造上かなり大きく
なってしまい、気軽に置いておけるものではない。
ファイルもパンチもなんだかおおざっぱで大きいのだ。

などの理由から結局3穴は見送り、整理がつかないまま悶々としている...

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.10.14

読書メモ(1):文房具~知識と使いこなし

文房具~知識と使いこなし 市浦 潤 新潮文庫 1986

書店では見つけられず図書館で借りる。
約20年前の本だが筆者がアメリカで体感した情報の分類、
整理の方法は参考にできる点が多い。

この本を読んで、すぐに実行しなければと思ったのは「メモと情報管理」のあたりだ184p-187p

 ・情報の管理の一番の基本はとにかく記録を取ること
 ・どんなことでも決められたサイズの紙に書き、保存しなければならない。
 ・情報が会社の財産であることの認識が日本のビジネスマンには欠如している
 ・ボーン・ベントン社ではすべての記録をきちんと取っておかなければならない
  たとえ本人がいなくても仕事の進行状態を分かるようにしておくことを義務づけられていた
 ・日本のビジネスマンがノートを取らないことに気付いた
  ある外国のビジネスマンは日本のビジネスマンがあまりにもノートを取らないので、いったい打ち合わせの内容全部を記憶できるのかどうか心配していた。

 
自分の仕事を見直してみると、打ち合わせの議事などは遅くとも翌日の午前中まで
には作成するようにしている。これは基本だし、やっていて当然だろう。
しかし、自分のデスクで5分ぐらい打ち合わせたこと、指示を出したこと、
電話で話し合ったこと、などを記録として残すことは少ない。

他の人に指示を出すときは口頭でも説明して紙で渡すようにしているのだが、
これはその辺のメモ用紙に書いて渡してしまっている。
これを実行するだけでも、指示が伝わらないことは少なくなった。
しかしこれも「記録」という面では弱いのは確かだ。
           ●

「たとえ本人がいなくても仕事の進行状態を分かるようにしておくこと」

 これは非常に耳が痛い話だ。完了した仕事は仕様書や議事録を整理してあとから
でも分かるようにしている。しかし、進行状態で誰でも分かるようにするのは、
全くできてないな...
自分自身何度か病欠で同僚に迷惑をかけたことがある。その逆もしかりなのだが、
なかなか解決策が見つからない。

コレは私の勤務先の風土かもしれないが「仕事が“人”にべったりくっつ
いている」という風土がある。異動もそれなりにあるので、異動の季節になると
仕事の引き継ぎが大変だ。
そんな風土の職場だから「アイツがいないと分からない!」は日常茶飯事だ。
まずは記録を残すところから、取り組んでみようと思う。

~この本はいろいろ考えさせてくれる。もう少し触れたいので別のエントリーで..

文房具~知識と使いこなし 新潮文庫 1986

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.10.13

「音速チェックしよ~」by 軽部さん

昨日(2005/Oct/12)音速ラインがめざましテレビに登場しました。
ホントは画面キャプチャーをアップしたいところだけど、サスガにそれは
マズイので文字で再現します。

                      ●
06:52ごろ シングル・アルバムのチャートの後
      「注目」のコーナーに登場

軽部さん 今年4月にメジャーデビューを果たした3人組のロックバンド
     「音速ライン」の3rdシングル「逢瀬川」が今日発売
     早速3人からご挨拶です。

画面   3人登場 バックは牧場?
     自己紹介&テロップはメンバー紹介
   
軽部さん 気になることがいっぱいの彼ら。
     まずはこのプロモどうして3人とも背中を向いて歌ってるのさ?

テロップ 「疑問1:どうして後ろ向き?」

3人   ぶっちゃけ不細工
     出ていく顔じゃないだろうってことで

軽部さん いやいや、なかなか味のあるお顔です。

     そして気になるのが「逢瀬川」というまたまた味わい深い
     歌のタイトル。
     なんだか演歌みたいだけど、ところが曲は軽快なロックそのもの

テロップ 「疑問2:演歌?ロック?」

藤井君  「逢瀬川」って名前がホント気になってて、
     僕の地元に流れてる川なので

画面   ここで遠くからのショット
     菅原君はボーリングの練習をしている(たぶん)
     何頭か牛がいて牧場だということがわかる

テロップ 大きく「福 島 県」

軽部さん そうなんです。実はここ音速ラインのすべての曲の作詞作曲
      を手がける藤井さんのふるさと福島県郡山市には、歌のタイトル
      にした逢瀬川という川が実際にあるのです。

画面   逢瀬川が写る 3人は橋を渡ってる そのあと川辺を歩く3人

藤井君 逢瀬っていう2文字は逢いたくても逢えない
     密かにふたりで逢うみたいな意味があるらしくて 
     そこを膨らませて曲にしようと..

     ~ 歌詞のテロップとともにプロモがちょっと流れる ~

軽部さん さらにもう一つ彼ら遠距離バンドとの別名があるがそのわけは?

テロップ 「注目3 遠距離バンド?」

藤井君  僕はここ(地元)にいないとメロディが降ってこないんですよ。ホントに

軽部さん 今でも福島に住んでいる藤井さん。他のメンバーと顔を合わせる
      のはレコーディングやツアーの時だけなんです。
アヤパン へー

テロップ 藤井君に福島県在住 大久保君に東京都在住 菅原君に神奈川県在住
      それぞれ居住地のテロップが出る

大久保君 なかなか会えないじゃないですか。新鮮でいられる
藤井君  たまに会うとな
       たぶん(この関係が)合ってるんだよな
大久保君 結果論だけどね
藤井君  まあ俺が出ていかないだけなんだけどな
大久保  いいんじゃないの
3人   「はははは」 と気のない笑い

軽部さん そんな3人ぴったりの新曲 逢瀬川
     さあみんなで[ちょっと間が空いて]「音速チェックしよ~~」

     画面はスタジオに戻る
アヤパン ん~なんか気になる

軽部さん 藤井さんイイキャラですよね~

大塚さんも含めて3人で軽い笑い。画面はCMになって終わる。
           ●
時間を見れば約2分間だったけど、ハラハラしながら見たせいか
もっと長い時間に感じました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.10.12

日経MJ:久々にトーマス・ドルビーの記事を見たThomas Dolby

80年代のエレクトロポップの中心人物だった、トーマス・ドルビー(Thomas Dolby)。
今日(05/Oct/12)の日経MJ最終面で久々に彼の記事を目にする。

米国発
■着メロ専門の作曲会社■ 動物の声や名言も
~略~
往年のロック・スター、トーマス・ドルビー・ロバートソン氏が設立したレトロ・リングトーン社もその一つ。10人の着信音作曲家を抱え、オリジナルの曲を提供するほか、動物の鳴き声、小鳥のさえずり、クリントン氏のような有名人のスピーチや名言なども着信音向けに販売する
~略~
「着信音向けに短い曲を作るのは意外に難しく、普通の曲を作るのと同じようなテクニックが必要。聞いた人の印象に残る分、そこからヒット曲が生まれる可能性もある」とロバートソン氏は話す

記事の中ではロバートソン氏と記されていているが、そこに写っている写真は
まぎれもなくトーマス・ドルビーだ。ずいぶん前にシンセサイザー関係の会社を
興したと聞いていたが、まさかこんなところで彼の名前を目にするとは...
有名人のスピーチや名言も着信音として使っているのがおもしろいけど不思議だ。

またこのコラムは「米国発」というコラムなのだが、確かトーマス・ドルビーは
英国人ではなかったか?今は活動の地をアメリカに移したようだ。

坂本龍一ファンの私としては二人の名義でリリースしたシングル Field Workが一番
印象に残っている。
トーマス・ドルビーがアレンジしたバージョンがLondonバージョン、
坂本龍一がTokyoバージョン。Londonバージョンの方がかっこいいけど。
今はSteppin into Asiaなどと一緒に収録されてリリースされている。この当時は
12インチシングルというものがあったのだが、そのバージョンも収録されているようだ。

Field Work + Steppin into Asia + Arrangement 坂本龍一
Field Work + Steppin in Asia + Arrangement

一般的にはShe Blinded Me With Science 邦訳は彼女はサイエンス(なぜこうなるの?)
が一番有名だろう。でも、今日本版でThomas Dolbyの音源は「一発屋」とかのオムニバス
版でしか聞くことができない..やっぱ彼女はサイエンスが衝撃的だったのか一発屋の
イメージなのかな.. Aliens Ate My Buickなんかはメチャクチャカッコイイんだけどなぁ。

輸入盤はまだキチンと売られている。しかも安い!久々に聞いてみようと思う。
The Best of Thomas Dolby: Retrospectacle

The Best of Thomas Dolby: Retrospectacle

| | Comments (0) | TrackBack (1)

音速ライン:めざましテレビに出演!

とりあえず速報。06:50ごろの出演だったか?突発の事故とか事件とか起こらなくてよかった。

昨日(05/Oct/11)は午前中Nack5で夜はFM横浜のハシゴだったが、
今日はなんと朝も早くからフジテレビに出演!!

でもなんだかめざましテレビとは不似合いだったような気もしたが..
あとで録画をゆっくり見てレポートアップします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.10.11

新日ドームガラガラ:2005/Oct/08

東京ドームでプロレスを見るのは初めてだ。前日に会社の先輩から
招待券をもらい見に行く。
チケットをもらうまでドーム興行があることも知らなかったが、
なんとブロック・レスナーがIWGPに挑戦と聞く。それだけでも
見に行くかと思う。
あとは最近見に行っていないZero-One MAX関係のレスラーを見よう
かなと思って見に行く。

リアルタイム速報 > 新日本10・8東京ドーム
http://www.nikkansports.com/news/up/up2.html

ちなみに開始10分前の会場はこんな感じ。チケットの売れ行きを
反映して一塁側、三塁側とも黒幕がかけられていました。
三塁側
05-10-08_17-53

一塁側
051008_175300

私の席も前2列は空いていて、足を伸ばしてゆったりと観戦できま
した...当然のごとくダフ屋もおらず、ドーム内は売店や警備の人
たちの方が観客よりも多いんじゃないかと思うぐらいの有様。

           ●
プロレスにしては珍しくほぼ定刻の18:00過ぎに開始。イキナリ長州
の登場。パワーホールが流れここは結構盛り上がった。いつ聞いても
苦笑してしまうテーマ曲だが..
私の席は招待席ということもあり、ふだんプロレスを見に来ないお客さんが多かった。
「ホントに小力にそっくりだ。」
という感想をいろいろなところから聞いた。

意外だったのは大谷や高岩がブーイングが少なかったこと。ただ高岩の
もちつきパワーボムに井上が付き合わず(実力不足で付き合えず?)なん
だか尻切れトンボの終わり方で消化不良。まあ、ほとんどの試合が説得力
のないフィニッシュなのだが..

ブロック・レスナーは「ん~スゴイね」という感じだ。いかんせん
一階席でも遠近感がよくわからないので試合が「遠くのこと」にしか
思えないのだ。

会場にいることを実感できるのは入場曲の爆音サウンドと花火ぐらいだ。
入場時の花火はドームでないと体験できないのでなかなかよかったかな、
と思う。ただブロック・レスナーがWWEの時にやっていたドッカーンて
ヤツは見ることができなかったが。
よーく見ると、スクリーンにブロック・レスナーが映っている
05-10-08_21-24
           ●
しばらく新日の興行を見に行っていなかったので知らなかったの
だが、デジカメやケータイでの撮影が禁止になっていた。

■写真撮影・ビデオ撮影の禁止について(改訂)
http://www.njpw.co.jp/news/topics/2004/04/0408_01.html

ちゃんと係員がいて撮影していると注意されている人がいた。係員も
一昔前の銀行員みたいな眉間にしわを寄せたヤツで感じ悪い。
私はケータイで撮影していたせいか、見つかることはなかったがなんだか
気分が悪いことは間違いない。
私もプロレスを見始めた頃は写真撮影が楽しみでホールに足を運んで
いた時期もある。

権利侵害とかもわかるけど、たかだか素人が観客席から
撮る写真ぐらいガタガタいわなくてもいいじゃん、とも思う。
ケータイのデジカメなんて、まともな写真取れないんだし:-P

係員が神経質に注意している姿とドームのガラガラを見ていると、
かつてレコード会社がCCCDの導入に一生懸命になり、CDの売上が
じり貧になっていった様子が重なってしまう。
新日はレコード会社のそれ以上に深刻だとは思うが...

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.10.07

音速ライン:05/Oct/21のポップジャムに出演

音速ラインオフィシャルサイトからの情報です
http://www.onso9line.com/

05/Oct/12にはニューシングル 「逢瀬川」、
05/Nov/16に1stアルバムの「風景描写」が発売される音速ライン
ですが...
ついに!NHKの音楽番組ポップジャムに音速ラインが
出演するとのことです。日時は05/10/21(金)0:15~0:54です。

ポップジャム
http://www.nhk.or.jp/popjam/
これまでもカウントダウンTVだとか深夜の音楽番組で彼らの
映像は見てきたけど、NHKに出るとなるとまた感慨深いなぁ..

音速ラインのスタッフのブログにはNHKの社員食堂でメシを
食べる彼らの姿が見られます↓
音速ラインスタッフによる現場報告!!!:ポップジャムの収録など★http://blog.livedoor.jp/onso9line_staff/archives/50103274.html

           ●

また恒例のシングル購入の先着特典も案内されていました。
Information
http://www.onso9line.com/information.html

 タワレコ ジャケットサイズのメモパッド
 HMV  文庫サイズのブックカバー
 新星堂  ステンレスしおり
 TSUTAYA RECORDS アルミ定規
大きい画像はこちら
http://www.onso9line.com/image/info/ouse_hansoku_b.jpg

なんだか前回の特典より種類が増えている。しおりなら邪魔にも
ならず、ふだん使えそうでいいかも。メモパッドは...

音速ライン 「逢瀬川」 2005/Oct/12発売 \1050-
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B000AV96CM/

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.10.06

カッコイイループサウンド - Dosh

Music thing: The endless joy of loops
http://musicthing.blogspot.com/2005/09/endless-joy-of-loops.html

2つループサウンドが紹介されているが、初めに紹介されているdoshが
気に入った。

使っている楽器類はRhodes,ドラム、小さい鉄琴、ドラムセット、
シンセ(JUNO-106?)他にミキサーなどが見える。

画像には写っていないが"looper pedal"を使っていると書いてあるので、
たぶん足踏み式のループ&サンプリングマシンを使ってサウンドを作っ
ている模様。
たぶんこんなの↓
http://www.guitartek.com/product_info.php?products_id=5825

Rhodes 88がメインの楽器 左手で低い方の弦を押さえて小節頭に使っている。
Rhodesの色々なところを叩いてリズムを作っているのかがなんともカッコイイ。
ドラムはキチンとしたセットがあるが、あくまで脇役。
5拍子でのループサウンドっていうのも珍しい。
ループしているサウンドに、あわせた画像もカッコイイなぁ。

ペダルのエフェクターによくフレーズサンプラーってついているけど、
こうやって使えたらカッコイイなぁと思う。

     ●
2つ目に紹介されているkid beyondもオモシロイ。いわゆるヒューマン
ビートボックスという人。
Ableton Liveをフットペダルでコントロールしながらサウンドを
作っている。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« September 2005 | Main | November 2005 »