« October 2005 | Main | December 2005 »

2005.11.25

音速ライン:「風景描写」初登場28位!

アルバム 週間ランキング-ORICON STYLE ランキング
http://www.oricon.co.jp/rank/ja/w/

同じ週にそれほどビックアーティストのアルバムがなかった
せいもあるかもしれませんが、なかなかいい線行っています!

ちょっとオドロイタのはベスト30に本田美奈子の作品が3つも
ランクインしていること...

:::onso9line official web site:::
http://www.onso9line.com/

| | Comments (0) | TrackBack (2)

2005.11.22

森大輔“OPUS ONE"を聴いた

少し前に後輩S(♀)から教えてもらった森大輔のOPUS ONEをやっと聴いてみた。

OPUS ONE

●全体的な感想
 
"OPUS ONE"「作品1」と訳すのが適当だろうか。1stアルバムなのでいろんな作品を詰め込んだという感じ。アレンジが様々な傾向の曲が収められ、アレンジは非常に才能を感じさせる。
レーベルがAtlantic Japanということもあり、いわゆるJ-POPのアレンジとは一線を画す内容。ウマク表現できないのだが、いわゆる洋楽っぽいアレンジやリズムの感じ。 

この歳でこれだけの完成度の作品を出してくるとすると、これからがとても期待できるアーティストだと思う

 プロモーションでは「あのAtlantic Japan旗揚げアーティスト」「DONNY HATHAWAYに影響を受けたサウンド」が前面に押し出されている。しかし、それを期待して聴くとちょっと違和感があるだろう。ところどころにそういう影響を感じさせるものがある、という感じだろうか。

●録音
録音はまあまあ。よくもなく、悪くもなく。もう少しボーカルが引っ込んだ方が、演奏がよく聴けていいと思う。これは、ボーカルを売り物にしている戦略なのか?

楽器を演奏する人間は、どうしてもアレンジやリズムに耳がいってしまい歌詞や歌に意識が行っていないと言うことがある。でも、やっぱりベースがよく聞こえないなぁ...生ドラムの音は気持ちよく録られているのに。
この辺はちょっと不満足。

●リズム関係
リズムが打ち込みものは、あんまりイイ曲がないと思う…アレンジがつまらなくなってしまっている。

逆に人間ドラムものは、みんな洋楽っぽくてカッコイイ。アレンジも本人が手がけているが、こういうリズムの方が彼のイイところが出ると思う。アトランティックレーベルが注目したのも納得できる。ブラスが入っている曲は村田陽一が参加しているが、どれもハズレなしだ。

前述の後輩Sは「インストの曲は、ピアノが若干リズムが甘いかなぁと思うのですが」と話していた。ん~確かにそうかも。もしかしたらリズムを崩しているのかも知れないが、あんまり気持ちよくないなぁ....

●個別の感想
M2 Trust Meはプロモーションビデオも見たけどピアノ上手いなあ。ちょっとほれぼれしてしまうほど。
視聴で聴いた時は単なるキャッチーなサビの曲だと思っていた。しかしCDで一曲通して聴くと、Aメロからサビへのコード展開を聴くと、ハッとするかんじがある。

M9 Silver Shadow  DONNY HATHAWAYを何となくイメージさせるのは、強いて言えばこれくらいか。変態エレピは気持ちいい。

●ライブ
18日金曜日はライブがあったようです。後輩Sのレポートによれば、生ピアノ、パーカッション、フレットレスベースなどの編成。バンドがこぢんまりしている、代わりにボーカルが前面に押し出されていた様子。カバー曲含めて10曲ぐらいとのことでした。

すごく期待させてくれるアーティストだと思う。なんかこういうアーティストがでてくると、わくわくさせてくれるというかうれしい。というわけで、なんだかまとまらないレビューになってしまいましたが、この辺で。

■関連リンク

BARKS - 森大輔
http://www.barks.jp/artist/?id=1000000266
 プロモーションビデオなどはBarksのサイトから見られます。

『森大輔』 SPECIAL INTERVIEW
http://www.hotexpress.co.jp/interview/moridaisuke/

2nd MAXI SINGLE
「Rain」が出た当時のインタビュー

【ショウタイム:音楽】it’s ShowTime !:インタビュー/森 大輔/
Voice of Daisuke Moriを動画で!
http://www.showtime.jp/info/music/02720/index.html

約3分のデビュー当時のインタビュー動画 

森大輔 アーティストトップ ワーナーミュージック・ジャパン - Warner Music Japan
http://wmg.jp/artist/moridaisuke/

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.11.20

音速ライン:風景描写タワレコで購入1

ふだんCDはamazonで購入するが、音速ラインのCDだけは特典のおまけ目当てにリアル店舗で買うことにしている。ここ最近はHMVで購入していたが、いつも特典の案内もPOPもなく扱いがあんまり良くない。ホントに他のCDショップもこんな感じなのか、確かめる意味もあって新星堂に行ってみる。

●新星堂 山手線内某店舗
 新星堂の特典は「ミニトートバック」だ。訪れた店舗は、それほど広い店舗ではないが結構扱いがいい。New Releaseコーナーと通常のJ-POPのコーナーそれぞれにPOPがつけられ「特典付き」もアピールされている。
POPのコメントを見ると、

「期待のギターロックスリーピースバンドついに1stアルバムリリース。疾走感出るギターサウンドが好きな方はぜひぜひ!!本当に良い音を鳴らしています!おすすめは→10,4,6,8 とにかく聞いて♪」
051119OnsokuShinseido

と書かれている。と、ここまでは音速ラインの扱いに満足していたのだが、なんと肝心の商品がすべて売り切れ..。喜ぶべきなのか、悲しむべきなのか。
入荷するまで待つと言うことも考えたが、それまでアルバムを聴かずにいるのも耐えられそうにないので、他のCDショップで買うことにする。

●タワレコ 山手線内某店舗
Tower Recordsでの特典はジャケットが印刷されたメモ帳。ここはタワレコにしてはこぢんまりした店舗だが上記の新星堂よりは広い。
おっ!!ここは扱いがすごいぞ!なんかジャケットが大きく拡大されて、遠くからも目立つ。視聴機にも入っている。

ちょうど一人「風景描写」のジャケットを見つめながら視聴している人がいました。
ここのPOPはスゴイ。気合いはいりまくっている。

『「音速ライン 爆発!切なロック!!」
 毎回毎回かわいらしい和み系のジャケットで(中でも今回はナンバー1のお気に入り)僕らを癒してくれる音速ラインのNewアルバムがついに、ついに出た!はじめに言っておこう、これは大傑作だ!このアルバムは現在幾百ものギターロックと呼ばれるバンド達の中でも音速ラインが群を抜く存在となる決定打的アルバムとなるでしょう。
この作品を聞き終えた時僕は”溢れそうな想いで胸がいっぱい”になった。アルバムタイトル「風景描写」という通り、このアルバムは記憶や感情を伴った風景を思い起こさせ、スピーカーやヘッドフォンの向こうに透けて見える遠い日の記憶、切ない思いに涙が溢れそうだった。切ない詞とメロディ、すきとおるような声、疾走するサウンド、まるで泣きながら全力疾走しているようだ。これほど感情移入できる作品ってあんまりないよねぇ?この作品に出会えて幸せだ!
シングル 4,8,10 インディーズ時代の楽曲 3,11 その他個人的に2,5,9 オススメ』
051119OnsokuTower2

という、気合い入りまくり。演劇のせりふを聞いているようなコメントだ。
「まるで泣きながら全力疾走しているようだ。」というコメントはおもしろい。

ここはCD自体もたくさん置いてあり、しかも「特典あり」のシールも貼ってある。


ここまでで、長くなってしまったのでもらった特典やCDの内容については
別のエントリで。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.11.18

書きやすく、疲れない筆記用具...その後

筆記用具に関しては、何度かエントリーを書いていますが「疲れない筆記用具」を探すのは、ゴールのない旅を延々続けているようなものかもしれない...

too high: 油性ボールペンを比較する-1
http://dunga.cocolog-nifty.com/too_high/2004/12/post_2.html

too high: 油性ボールペンを比較してみる-2
http://dunga.cocolog-nifty.com/too_high/2004/12/post_4.html

昨年末(2004年)ドクターグリップのGスペック+Ainkと出会い、何の問題なく書き味を楽しみつつ過ごしていた。
しかし、最近論文などを書くようになり、また手の痛みがぶりかえす..
ペンを強く握るクセがついているか、途中で手の握力がなくなってしまい、
ペンを握ることすらつらくなってしまう。
そこで、さらに「書きやすく、疲れない」筆記用具を探し求めることに..

結論から言うと、従来からのドクターグリップGスペック(ソフトグリップ)に、さらにペリカンの万年筆スーベレーンM400も加わった。ニブはF、インクはロイヤルブルーを使っている。
これを使い始めて約2ヶ月経つが、試験などでも乗り切れるようになってきた。
20051101V60100161


           ●
計算問題だと、書いているのは計算用紙で計算しているときと、解答用紙に答えを記入している時だ。
考えていたり、電卓を打っている時間があるので四六時中書いているわけではない。

また計算問題はたいてい書き込む欄が小さい。こういう目的にはボールペンのように力を入れても線の太さが変化しない筆記用具のほうがいいだろう。現在も計算問題は、ドクターグリップGスペックを使っている。

しかし、連続して文書を書くようになると、当然手が休まるときはない。これをボールペンで力を入れて書くと10分もすると手が痛くなってくる。肩もガチガチにこる。でもボールペンは、力を抜くと書けなくなってしまう。
そこで、万年筆に持ち替えることでスイッチの切り替えを狙ったのだが、これはなかなか功を奏している。

まず、万年筆はペンの持ち方が若干違う。ボールペンはペン先の方を握るが万年筆は、真ん中ぐらいを握る。ペンを少しというか、結構傾けて軽く押さえつけるぐらいの気持ちで書くとちょうどいい。
ボールペンのように直角に近く立てると、ほとんど書くことはできない。

まったく握った感覚や書く感覚が違うので、頭の中のスイッチも明確に切り替えることができる。これによって計算問題・理論問題それぞれに集中することができる、というメリットもある。

           ●
ただ注意点として、自分がふだん使う紙との相性をよく試した方がいい。
万年筆はペン自体だけでなく、紙質が書き味に大きく影響する。自分がふだん使用している答案用紙やノートで試し書きをして、万年筆を選ぶといいと思う。試験に使うのなら、本番時の紙質も要確認だ。


スーベレーン購入の際に参考にしたページ
万年筆専門店フルハルター ペリカンスーベレーン
http://members.jcom.home.ne.jp/can-do-now/fullhalter/pelikan_souveran.html

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.11.17

音速ライン:「風景描写」発売 動画インタビューやコメント

昨日(2005/Nov/16)音速ラインの1stアルバム『風景描写』が発売になりました。

Official Siteの案内を参考に動画インタビューやコメントが見られるところを整理してみました。

●BARKS - 音速ライン : 待望の1stアルバム『風景描写』をリリースした音速ラインにインタヴュー!
http://www.barks.jp/feature/?id=1000014515

インタビューが2ページ分&約2分のコメントビデオが見られる。
ビデオはいつものまったりとした感じのコメント。
 12曲入りで34分 シンプル!を強調していた。
 確かに最近の70分越えのアルバムと比べると、本当にシンプルだ。
 あとはライブの告知など。いつものように菅原君はしゃべっていない。

インタビューはアルバム内の曲について結構突っ込んだ内容が読める

●Excite エキサイト ミュージック
http://www.excite.co.jp/music/present/2005/onso9line/artist.dcg
音速ライン オリジナルグッズ プレゼント&コメントビデオ

こちらは1Mでの配信もあるので、なかなか画像がキレイ 
約14分あるので見応えがあるかも。見ているのもツライが..

  1.最近の活動状況について
  2.最近エキサイトしたこと
  3.「風景描写」
   制作の思い出や制作秘話について
   ~なんとこのアルバムはわずか6日間で作成しているそうです
  4.3枚のシングル「スワロー」「街風」「逢瀬川」について
  5.「逢瀬川」のミュージックビデオの撮影エピソードや見せ所
   ~後ろ向きの撮影の話
  6.「冬の空」「スローライフ」について
  7.「ヒグラシ」について
  8.「逢いたい」について
  9.アルバム全体を通しての聴き所について
 10.今作が出来上がってみての率直な感想&伝えたいメッセージ
 11.音速ラインのMy旬ベスト
 12.今後の活動予定
 13.Excite Musicをご覧の方へのメッセージ
 
 ドラムの菅原君は途中で寝ている(たぶん)  
 幕張メッセのカウントダウンジャパンに出演の告知をしていました。
 
 またプレゼントの内容は
 直筆サイン入りポラロイド写真 or
 オリジルアニマルラバーバンドを各3名様にプレゼント
 応募締め切りは2005/11/30(水)お昼12時だそうです。

●showtime
http://www.showtime.jp/
●so-net MUSIC CLUB ON LINE
http://www.so-net.ne.jp/mc/ 
 上記2つはコメント&動画が流れるとOfficial Siteに案内されていましたが
 05/Nov/17 16:00 現在見つけられませんでした。
 確認できましたら、またレポートします。

また
・『風景描写』スコアブック発売(11/12)
という案内をOfficial Siteで見つけましたが、その詳細は書いてありませんでした。

風景描写 音速ライン

風景描写

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« October 2005 | Main | December 2005 »