« FL Studio 6がリリース | Main | 音速ライン:大切なお知らせがでている。 »

2005.12.20

エクセルでドラムマシンを使ってみる

ものすごいくだらないけど、すんごいオモシロイ。
Musicthing経由→Mile Zeroからの記事です。

Mile Zero - DrumPad.xls alpha
http://www.milezero.org/index.cgi/music/tools/excel/drumpad_xls_alpha.html
drumpad01

少し前にエクセルを使って、シンセサイザーを作成するというアプリがありました。
Music thing: The Excel spreadsheet synthesizer
http://musicthing.blogspot.com/2005/10/excel-spreadsheet-synthesizer.html
bodmas.org ? Blog Archive ? VCA
http://bodmas.org/?p=212

今回のドラムパッドは、これにヒントを得て作成されたようです。

まだアルファバージョンなので、あくまで自己責任で試してみてください。

●必要なもの
 Microsoft Excel 97
 ドラムのサンプルwaveサウンド

●インストール方法など

 上記のページでdrumpad.zipをダウンロード

 解凍するとdrumpadのフォルダの中にDrumPad.xlsとbass.dllの2つのファイルができます。

 bass.dllファイルは \WINNT か \Windowsフォルダにコピーします。

 ドラムのサンプルサウンドは、解凍したファイルに含まれていないので別途用意します。
 その.wavファイルをDrumPad.xlsと同じファイルに置く。

 ※Mile Zeroのサイトでは、 Korg DDM-110 drum machineのサウンドのサンプルを使ってテストしています。
 下記のリンクでダンロードしたddm-110.zipを解凍して、そのファイルをDrumpad.xlsと同じフォルダに置けばOKです。
  http://www.geocities.com/SouthBeach/Marina/5801/gear/ddm110.html

●起動
 DrumPad.xlsを起動します。
 マクロの警告が出てきた場合は「マクロを有効にする」をクリックして起動します。

 キーに割り当てられている音は下記の通り

 ・スペース キックドラム
 ・F or J スネア
 ・K    ハイのタム
 ・D    ロータム
 ・G    リムショット
 ・H    ハイハット
 ・U    オープンハイハット
 ・L    クラップ
 ・I    シンバル

スネアが2つのキーに割り当てられているのは、スネアロールや早いプレイにも対応できるように、とのこと。
変なところに気が利いていてオモシロイ。

またControlMKというものを使うと、ゲームコントローラーを使って、ドラムプレイをすることができるそうです。
ControlMKというものは、初めて知ったのですが、ゲームコントローラーでマウスやキーボード操作をエミュレーションするもののようです。
ControlMK
http://redcl0ud.com/controlmk/index.html

ちなみに作者のオススメのコントローラーはPS2のコントローラーとのことです。xBoxのコントローラーは、あんまりオススメしていませんでした。私はゲームマシンを持っていないので、試すことができていません...

|

« FL Studio 6がリリース | Main | 音速ライン:大切なお知らせがでている。 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8389/7718030

Listed below are links to weblogs that reference エクセルでドラムマシンを使ってみる:

« FL Studio 6がリリース | Main | 音速ライン:大切なお知らせがでている。 »