« Last.fm:チャートとRecommendation関係のアップデート | Main | 朝日夕刊:新・欲望論「『萌え』利用した優越感」 »

2006.01.10

Last.fm:他のユーザーとつながるSNS的機能

2005年の末から相次いでLast.fmは更新をしています。しかもそれは主にSNS的な内容が強化されているように思います。
そういう目線でusersのページを眺めていると結構オモシロイ。
http://www.last.fm/users/

まずこのページでは今現在何人のユーザーがLast.fmでラジオを聞いているか見ることができる。
この記事を書いている今現在774人が聞いている。

それぞれユーザーの
 ユーザーの名前
 性別、年齢、国名
 Last.fmのメンバーになった日付
 聞いているラジオ
 聞いていた曲名
 トップアーティスト 10組分

以上の情報を見ることができる。
トップアーティストが10組分表示されるので、ここからでも自分の趣味にあった友人を探すことができるかもしれない。
          ●

さらにいろいろなユーザーとつながるべく、他のユーザーを検索することができる。画面はこんな感じ
LastFMUserListing

Find by Music Taste
 アーティストの名前を打ち込むと、同じアーティストが好きなユーザー表示。

Find User Info
 さらにユーザーの登録情報から絞り込むこともできる。
 Gender    性別
 Age       年齢
 Real Name   本名
 'About Me' keywords
          自己紹介の内のキーワードで検索
 From country 国
 Only people with a picture
        写真がある人のみから検索

このような検索機能でかなり詳しくユーザーの検索が可能です。
                ●
さらに元々Last.fmのプロフィールページで提供されていた機能をSNS的視点で見れば
 Recent Visitorsは「足あと」
 Friendsは「マイミクシィ」
 Groupは「コミュニティ」
と言えるだろう。

このようなLast.fmの進化を見ていると、Last.fmが単なるインターネットラジオでなく、SNSも含んだ一つのメディアになる可能性を秘めていると言えるかもしれない。

ただ、残念ながら自分自身が他のユーザーとつながるには結構言語の壁も大きい。英語を読むことはなんとかできても、文書を書いてコミュニケーションを取ろうとするのは、また高い壁になっている。
ここがクリヤーできれば、どっぷりLast.fmに浸かることができるのだけど..

|

« Last.fm:チャートとRecommendation関係のアップデート | Main | 朝日夕刊:新・欲望論「『萌え』利用した優越感」 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8389/8096061

Listed below are links to weblogs that reference Last.fm:他のユーザーとつながるSNS的機能:

« Last.fm:チャートとRecommendation関係のアップデート | Main | 朝日夕刊:新・欲望論「『萌え』利用した優越感」 »