« まさにジャケ買い Verve/Unmixed3 | Main | Morph The Catがやっと届く »

2006.03.14

はじめてのやのあきこ

困った。電車の中で聴いていてもふと涙がこぼれそうになる。だからもっぱら家の中で聴くようにしている。
YUKIと共演した「ごはんができたよ」が最高にいい。

「ごはんができたよ」は4曲目。そこまで小田和正とか槇原敬之が出てきているのに、ここで「えっ、YUKI?」と思う。矢野顕子との接点も思い出せないし、とても意外な組み合わせ。でも聴いてみると、JUDY AND MARYの頃の舌足らずさはなく、なかなかいい。初めて聞いたときは、その意外さで「いいじゃん」と思っていたが、何度聞くと今度はとってもいい、と思えてくる。
「ごはんができたよ」の歌詞の世界が、矢野顕子とYUKIの二人で歌うことでものすごく広がっている感じがする。なんだかわからないのだけど、グッとくるところがある。キーボードマガジンのインタビューによれば

「YUKIさんは、ずっと私のファンでいてくださったようで、本当に喜んでくれて、歌った後2人とも感涙にむせび泣いてしまいました。」

というのも、よくわかる。曲がエンディングのあと、感激に浸ってしまう。

忌野清志郎が歌う「ひとつだけ」は、ものすごい昔にFMラジオのサウンドストリートでライブ録音を聴いたことがある。坂本龍一が「この録音はレコード化する予定はないので、これをエアチェックしていた人は大変なものですよ」と言っていた。ラジオで聴いた録音では一小節間違って早く入ってしまったのに苦笑い。
清志郎の「ひとつだけ」は、清志郎がこの曲を好きなんだろうなというのがとても伝わってくる。もちろん私もとても好きな曲だ。清志郎が歌ってくれることで、男もこういう曲が好きだ、ということを後押ししているような気がする

最後は上原ひろみとピアノで共演した「そこのアイロンに告ぐ」。しかもアルバム「峠の我が家」に収録されて以来、ライブで一度も聴いたことがなかったシュールで密かな名曲。
二人がやりたいように最高の演奏を聴かせてくれる。矢野顕子と上原ひろみの演奏スタイルは全く違うけど、二人ともそのスタイルでは最高の演奏者だ。
上原ひとみは歌わないのだけど、ピアノ自身が歌っている。録音がすばらしいのもあって、二人が違う楽器を演奏しているような錯覚におちいる。

たった7曲で30分ちょっとのアルバムだけど、すごく満足させてくれるアルバムです。


はじめてのやのあきこ

はじめてのやのあきこ

|

« まさにジャケ買い Verve/Unmixed3 | Main | Morph The Catがやっと届く »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8389/9092412

Listed below are links to weblogs that reference はじめてのやのあきこ:

» 矢野顕子「はじめてのやのあきこ」 [GREEN DAYS 〜緑の日々〜]
昨年、小田和正ライブのゲストに矢野顕子がゲスト参加した。(その時の記事はこちら) その時、矢野さんのキーボードと小田さんの生ギターで歌ったのが「中央線」だった。 元々はTHE BOOMの曲で、矢野顕子がカバー、そして矢野さんと小田さんがイベントで共演した際に演....... [Read More]

Tracked on 2006.03.20 at 23:01

» 坂本龍一のサウンドストリート 1982年2月9日 リクエスト特集&生ピアノ・サービス!!! [こころとからだがかたちんば]
駆けて来る足音、そして、教授の生ピアノがはじまった・・。 1・坂本龍一 フォトムジーク(スタジオライブ) 2・ブライアン・フェリー 「What A Wonderful World」 アルバム「アナザー・タイム アナザー・プレイス」【写真】より 3・ジミー・スミス 「ザ・キャット」 坂本さんと同世代のヒトからのリクエスト、ということで、苦笑しながら、「知っているかな?... [Read More]

Tracked on 2006.03.26 at 16:56

« まさにジャケ買い Verve/Unmixed3 | Main | Morph The Catがやっと届く »