« March 2006 | Main | May 2006 »

2006.04.25

iTunes Signature Maker:簡単な使い方

以前のエントリの続きです。使い方の簡単な説明です。
too high: iTunes Signature Maker:名刺代わりの音楽ファイルを生成
iTunes Signature Maker
http://works.music.columbia.edu/~jason/itsm/

今回の例で作成したiTSMはこちらです。ちょうどエンディングがAjaのドラムソロで終わるのが気に入っています。
「itsm20060418173007_1.mp3」をダウンロード

必要事項:
Windows2000以上 or Mac OSX
iTunes,Quicktime 6以上,Java 1.3以上がインストールされていること

FAQなど:
MacOSXでSafariを使っている場合一年以上 更新していないと、フリーズの恐れあるので、他のブラウザを使用するほうがいい。

iTunes Music Storeの曲
 iTMSで購入した曲はiTSMでは使用できない

サーバー側にどんな情報を保存しているか?
基本的な情報(OS,ソフトのバージョン)を、セッションの間だけ保存している。バグフィックスなどに使用。情報は匿名なので、個人が特定されることはない。

■簡単な使いかたなど:
GNU Licenseなどの承諾画面が出る。このあたりはOKとか"I agree to the term ..."をクリックすればOK

●各種パラメーターの設定
Parameters_1
-Select up to ... Signatureに何曲使うか?
-Select up to one song from each ...
 同じアーティストの曲や同じアルバムの曲がダブらないような設定。
 重複させてもよければ"no limits"を選ぶ
-ignore podcasts ポッドキャストは無視
-ignore videos  ビデオは無視
-Choose songs based on ...
 曲をどの基準で選択するか
 play count    聴いた回数
 last play date 最後に聴いた日
 date added to iTues iTunesに曲を登録した日
 my rating    曲のレーティング
 デフォルトはplay countになっています。
 my ratingにした方が自分の好みを反映させやすいと思います。ここはいろいろ試してみるとオモシロイです。

-On average,extract a ....
平均して曲から何秒ぐらい抜き出すか?
ちょっと長めにした方が曲の内容がわかります。

-Layer up to ...
同時に何曲演奏するか。
デフォルトでは6曲になっていますが、これだと曲が判別できないので3曲ぐらいが適当でしょうか?

-Optimize algorithm for ...
ここはどっちでもいいような..fastest operationにしてもそれなりの
時間はかかります。

すべて選択すると一番下に
Your iTunes signature will be approximatele xx seconds..
とiTSが何秒ぐらいになるか、表示されます。

設定がOKであれば、Continueをクリック。

●出力先の選択
次の画面でwaveファイルを出力するフォルダを選択します。
出力する際に日本名のフォルダを選択するとうまくいかないことが多いです。
デスクトップに出力する場合や、自分のユーザー名が漢字の場合は要注意です。
Location_setting

これですべての設定が終わりです。
"create my signature"をクリック!
進行状況を示すグラフが表示されて、iTSを作り始めます。これは結構かかります。

●完成!
完成すると下記のような画面になります
Play_my_signature
-play my signature
 ブラウザ上でsignatureを聴くことができます。
-share my signature
Galleryに自分のsignatureを公開することができます
-show signature structure
 signatureがどの曲のどの部分を使って作成されたのか確認することができます。
こんな感じです。
-reveal signature in Explorer
作成されたsignatureが保存されているフォルダを表示

以上で使い方の説明は終わりです。比較的簡単にできるので、いろいろ設定をいじって楽しむのがいいと思います。

※生成されたSignatureを簡単にMP3に変換するには?
iTunesで生成されたSignatureを右クリック
→選択項目をMP3に変換 で簡単に変換できます

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.04.21

スティーリーダンとマイケル・マクドナルドがツアー!

Steely Dan Newsletter Issue #26からの情報です。
なんと今年の夏はスティーリーダンとマイケル・マクドナルドが一緒にツアーをするというアナウンスが!!
Steely Dan | Tour 2006
http://steelydan.com/tour06.html

一方マイケル・マクドナルドのサイトを見ると、普通にツアーのスケジュールが載っていて、下の方にとても小さく

All dates w/Steely Dan
とあっさりした書き方。
Michael McDonald Official Web Pages
http://michaelmcdonald.com/

スティーリーダンのニュースレターによれば、
 ツアーの名前はまだ決まっていない。
 7月初めからアメリカ中西部地方を皮切りにアメリカ国内を回る
 マイケル・マクドナルドと彼のバンドと一緒にツアーする、
となっているのでマイケルのツアーにドナルドフェイゲンとウォルターベッカーの二人が参加するという形なのでしょうか?
ただ、約30本のツアーのうち2日ほどはスティーリーダンだけのギグ、とアナウンスされています。

Morph the cat発売時のフェイゲンのMP3.comインタビューで、夏にツアーをやると話していましたが、それはこのことだったのでしょう!
そのときの私のブログ記事はこちらです。
too high: Donald Fagen:MP3.comでのインタビュー記事-2
原文はこちら
Interview with Donald Fagen
http://www.mp3.com/stories/3491.html


いくらマイケル・マクドナルドが初期のスティーリーダンのメンバーだったとは言え、まさか30年以上経って彼らが同じステージに立つとはとても驚きました。
マイケル・マクドナルドのモータウン2作はとてもよかったので、マイケル自体のライブも非常に興味があります。
彼らが一緒にステージをやるということは、いいライブになるのは当然だと思うけど、どんな選曲をしてくるのか?と考えるだけでも、いろいろ妄想..興味は尽きません。

でもアメリカ国内だけなんだよな..うまく出張のスケジュールを合わせて見に行くしかないか...
マイケルマクドナルド モータウン

モータウン

Michael McDonald
Motown / Pgd (2004/10/26) Motown Two

Motown Two

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.04.11

iTunes Signature Maker:名刺代わりの音楽ファイルを生成

iTunes Signature Maker
http://works.music.columbia.edu/~jason/itsm/

これはスンゴイおもしろい。自分がどんな音楽が好きで、最近どんな音楽を聴いているのか?自分の好きな音楽の名刺(サイン)代わりの音楽ファイルを作ってくれるサービス。iTunes Signature Maker略してiTSM。iTMSではないです。紛らわしい..

名前からもわかるとおり、iTunesで今まで自分が聴いてきた曲の演奏回数や、レーティング、最近聴いた曲などのデータを基に、短い音楽ファイルを生成してくれます。

私のiTSはこちらです。
「ITSM-2006-04-10-23-15-12.mp3」をダウンロード

このサービスではWave形式で生成されますが、貼り付けてあるのは私がMP3に変換したものです。
また、このiTSのファイルがどの曲のどの部分を使用しているのかというリストも生成されます。

上に貼り付けたファイルの中身はこのようになっています
==Title/Artist Starting at-Ending at==
Don't stop me now/Queen 3:39-3:41
Higher Ground/Stevie Wonder 0:04-0:08
Jojo/Boz Scaggs 0:10-0:13
No Such Thing/John Mayer 1:41-1:47
Prana/Todd Rundgren 0:44-0:48
What A Fool Believes/The Doobie Brothers 1:53-1:56
Carry On Wayward Son/Kansas 2:24-2:26
Kid Charlemagne/Steely Dan 0:19-0:22
follow me/Pat Metheny Group 0:09-0:12
Doctor My Eyes/Jackson Browne 0:24-0:28
Now I'm Here/Queen 0:36-0:39
Doctor My Eyes/Jackson Browne 0:13-0:18
Crazy Little Thing Called Love/Queen 2:38-2:44

偶然Jackson BrowneのDoctor My Eyesがライブ版とアルバム版の両方が使用されています。曲をコピーするために、最近よく聴いていたのでこのようなデータになったのでしょう。

例えばLast.fmのプロファイルページでも、自分がどんな音楽が好きなのかは一目瞭然です。でもiTSMは"聴"瞭然。聴いてもらえば、どんな感じの音楽が好きなのかわかる。口で説明する必要もない。
特に知らないアーティストを見ても、どんな曲かはわからない。でも聴けば一発で「あ~こんな感じね」とわかる。

iTMSのページにはこんな紹介文があります

Maybe you'll load your iTunes signature onto your iPod, e-mail it to some friends, share it in our signature gallery, or stick it on your home page. Maybe it will help you gauge your compatibility with your next blind date: "She seems nice enough, but her iTunes signature is just so atonal! Should I go with my heart or with my ear?

以下私の抄訳
iTunes signatureをiPodに転送したり、友達にメールで送ったり、signature galleryで共有したり、自分のホームページに貼り付けることもできる。
そしてたぶん今度の初対面のデート(blind date)の前に彼女とウマく行きそうか調べるのに役立つかも...“彼女は結構良さそうなんだけど、iTunes signatureは無調音楽ばっかりだ!自分の気持ちに素直になったほうがいいのか、耳に素直なほうがいいのか...困った...”

このサービスはなかなかオモシロイので、次回のエントリで使用方法などの記事をアップしようと思います。

2006/Apr/25(Tue)追記:簡単な使い方の記事をアップしました。
too high: iTunes Signature Maker:簡単な使い方
http://dunga.cocolog-nifty.com/too_high/2006/04/itunes_signatur_bfb3.html

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.04.10

Pandora.fm?:Last.fmとPandoraのマッシュアップ

以前のエントリでLast.fmとPandoraの違いを分析したSteve Krause氏のブログを紹介しました。
too high: PandoraとLast.fmの違いは?

この結論は、オススメを生成する方法がNarureなのかNurtureという点でした。

このようにアプローチの方法が逆の両サービスをマッシュアップしてしまったという最強のサービスを見つけました
<これはCorante.comのOnlite Dating Insiderのブログで見つけました>

Pandora / Last.fm solution
http://www.real-ity.com/pandora/

これはPandoraで見つけ出した曲を、Last.fmのRecent Tracksに反映させることができるサービスです。
つまりこのサービスがPandoraでのAudioscrobblerのように機能するので、Pandoraのサービスを聴きながら、Last.fmのプロファイルも育てることができる!というものです。
当然ですがPandoraとLast.fmの両方のアカウントが必要です。

初めの画面でLast.fmのユーザー名とパスワードを入力。すると、いつものPandoraの自分のラジオが表示されます。<ただLast.fmのパスワードは暗号化されずに送信されているので、かなり心配ですが..>
下記のような画面です。
Pandorafm

今聴いている曲データをLast.fmのRecent Tracksに反映させたければ"Submit Now"を
クリックすると、すぐLast.fmに反映されます。
このサービスを開発したGabe Kangasさんは、Last.fmのフォーラムで意見を交わしています。こちらも見てみると、オモシロイと思います。
I worked on a Pandora solution - Development Discussion - Last.fm

このマッシュアップは、ちょっと驚かされました。Pandora.fm最高!と言いたいところですが、あくまで個人が運用しているようなので、セキュリティなどの心配は残ります..

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2006.04.04

ダリルジョーンズ:キースは調子が悪い方がいい

2006/Mar/31(金)朝日夕刊「ツウのひと声」窪田晴男氏

今回の「ツウのひと声」は、ローリング・ストーンズの来日に因んで、現在ストーンズでベースをプレイしているダリルジョーンズから聞いた話。前半のマイルス学校の話も興味深いが、ストーンズでの演奏の話にオドロク。

彼が言うには、テンポによって全く違うのだそうだ。レコード通りの速さで演奏するときは“ふっつ~う”のバンドなのだが、キースの体調だか虫の居どころだかが悪かったりしてすごく遅いテンポの時は信じられないようなグルーヴを醸し出す人たち、というのがダリルさんのストーンズの感想。 “じゃあキースは毎回調子が悪い方がいいってことか?”と僕。 “そんなことオレは……言ってるな(大爆笑)”。

ほぉ~ストーンズのプレイってそうなのか。そんなにスゴイグルーヴなのか。東京ドーム行けばよかったか..
約10年前にダリル・ジョーンズがストーンズに参加すると聞いたとき、そのギャップにメチャクチャ驚いた。どう考えてもストーンズとダリル・ジョーンズはないだろ!!と思ったんだけど、もう10年以上一緒に活動を続けている。
ダリル・ジョーンズがストーンズに参加し続けているのは、このキースが調子悪いときのグルーヴに魅了されているからだと思う。
でもダリル・ジョーンズとチャーリーワッツが一緒にやってるというのは、いまだに信じられないけど。

          ●
逆にストーンズのダリルジョーンズしか知らない人は、スティングやマイルス・デイビス等での演奏を聴いてみて欲しい。スーパーボールみたいに弾んでいる感じがするのに、決して軽くない重いグルーヴがたまらない。座って聴いていても腰が動き出す感じだ。

マイルスはYou're Under Arrestがいい。マイケルジャクソンの「ヒューマンネイチャー」のカバーがとてもいい。

スティングは、なんと言ってもBring on the Night。このライブでは、オマーハキムのドラムとの組み合わせが最高だ。オマー・ハキムの躍動感があって(多少)強引なプレイと、ダリルジョーンズのベースがものすごい相乗効果を生み出していると思う。
一曲目のBring On The Night/When The World is ... は、故ケニー・カークランドの超絶ピアノソロとあわせて、何度聞いても鳥肌が立ちます。

矢野顕子の作品には90年代の初めに参加していた。
Dr:クリスパーカー Gt:大村憲司 Key:ジェフ・ボーバ Bs:ダリルジョーンズというスゴイメンバーのライブがあったけど、これはDVDなどは出ていないようです。昔NHKで放映しただけのようです。
アルバムだとLOVE LIFEで、ダリルジョーンズのプレイを聴くことができます。M1:BAKABONでのスティーブフェローンとのリズムがカッコイイ。

          ●
残念ながらこの「ツウのひと声」のコラムは今回で終了とのこと。窪田晴男氏のコラムを読める機会もないし、コラムの内容もなかなかおもしろかった。
何度かブログで取り上げていたのですが、ちょっと残念です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.04.03

PSE法:JV-1000はダメなのか..

特別承認制度(いわゆるビンテージものの特別承認)について

いまさら書くまでもないのだけど、これほど突っ込みどころ満載な除外楽器リストもない。毎日間違いを探しては笑っています。
とりあえず自分が使っている楽器は一通りリストに掲載されていたので一安心。

後輩が唯一JV-1000を使っているが、なぜかリストに載っていない(2006/Apr/01現在)。
よーく見るとJV-80,90,880,2080も載っているのにJV-1000だけが、どこにも載ってない。それより新しいXPとかFantomはリストに載ってるのに...。

たった一つしか持っていないシンセなのに、それだけリストに載っていないとは...残念ながらJV-1000は中古市場で販売することはできません。とりあえず今のところ...
PSE法ってヤツは!

| | Comments (0) | TrackBack (1)

« March 2006 | Main | May 2006 »