« 帰宅支援マップサービスを試してみた。 | Main | 就職活動は「楽」.... »

2006.08.28

三菱鉛筆の油性ボールペン「ジェットストリーム」を買った

2006/7月末に発売された三菱鉛筆の油性ボールペン「ジェットストリーム」を購入。この滑らかな書き味はスバラシイ。値段が150円とリーズナブルなのも、かなりポイント高い。また0.7mmに加えて1.0mmの芯があるのもいい。Img_1988
結論から言えば、
黒と青はメインはDr.グリップ Gスペック ソフトグリップのままで変更なし。
サブ用としてジェットストリームがペン入れに収まりました。
とは言ってもDr.Gripは長時間書くときに登場するのだけで、日常使っている時間はジェットストリームの方が長いです。
また赤色は、ZebraのJim Knock Careを使っていましたが、これは完全にジェットストリーム一本に移行させました。

書き味の滑らかさは同じ0.7mmで比較すると、Dr.Grip G-SPECよりJETSTREAMの方が若干上かもしれない。また1.0mmの芯はさらに滑らかな書き味。慣れないと、ペンの方が先に進んでいってしまう感じがする。この書き味が気持ちいいので、ふだんは1.0mmの青のものを使用しています。

インクはくっきり、はっきり出る。書いた文字の見た目は、ゲルボールペンに近いかも知れない。現在人気のゲルボールペンは、インクの出ははっきりしているのだけど、ちょっと手に力が入ると引っかかるような書き味がありどうもなじめない。ジェットストリームは引っかかるようなところは全くない。当然インクダマもまったくありません。(2006/Sep/8追記 インクダマはそれなりに出ます)
また、普段使いにするのならジェットストリームのボディは普通のボールペンと変わることがなくちょうどいい。胸ポケットにさしていても気にならない。ペンケースにもスッキリ収まる。

ただ長時間文章を書くときは、やはりDr.Gripの方がいい。その重量バランスやグリップの柔らかさで、手の疲れ方が違う。それでも、JETSTREAMは他のボールペンに比べればその疲れ方の違いは歴然です。

Dr.Grip G-SPECもJETSTREAMも、両方とも紙にくっきりと出るインクが気持ちいいです。なんだかいつまでも書いていたくなる感じ。
ジェットストリーム 三菱鉛筆株式会社
http://www.mpuni.co.jp/product/category/ball_pen/jetstream/index.html

先週、2006/Aug/24(木)の日経産業新聞にカナリ大きくジェットストリームの記事が載っていました。日経産業新聞の購読層向けに難しい内容が多いのですが、気になった点をピックアップします。

ボールペンはインクを溶かす溶剤によって種類が分かれる ゲル  80年代に開発された水性の一種  書き心地の良さと、水性よりにじみにくいため急速に不朽  筆圧が弱くても書きやすい  見た目もカラフル  高い筆圧をかけると、ガリガリして書きにくい   水彩  じわっとにじむため、ゲルに人気を奪われる

油性
 にじみが無く力を入れて書くものにも向いている
 ただし書き味は他のものに劣る
 
ジェットストリームは7月27日に発売されたばかりだが、ゲル・油性を問わず、三菱鉛筆のボールペンでは販売実績でトップ

渋谷ロフトでは、主力タイプの0.7ミリの黒が週に500本で売れ油性ボールペンの中では突出しているとのこと


 
私も渋谷ロフトで購入したのですが、確かに大量に展示されていました。逆に一般の文具店ではあまり見かけません。見かけた際はゼヒとも試し書きしてみて欲しいボールペンです。

|

« 帰宅支援マップサービスを試してみた。 | Main | 就職活動は「楽」.... »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8389/11644787

Listed below are links to weblogs that reference 三菱鉛筆の油性ボールペン「ジェットストリーム」を買った:

« 帰宅支援マップサービスを試してみた。 | Main | 就職活動は「楽」.... »