« Last.fm:COOのMartin Stiksel氏のインタビュー記事 | Main | Pandoraへの訪問者数がLast.fmを抜く »

2006.11.14

COBALT HOUR

先週土曜日(2006/Nov/11)夜、なんとなくNHKを見ているとドラマの音楽をなんと細野晴臣がやっている。
“WALKERS(ウォーカーズ)~迷子の大人たち~”
http://dwww-news.sblo.jp/article/1508859.html

ドラマ自体は江口洋介のネクタイが変だったぐらいしか覚えていないのだけど、密かに細野晴臣本人も出演していてビックリ。

で、細野さんのベースプレイが聴きたくなり久々に荒井由実のCOBALT HOURを引っ張り出す。(とは言ってもiTunesの中探しただけ(^^;)
COBALT HOUR
COBALT HOUR


このアルバムはカッコイイのですよ。なんと言ってもアルバムタイトルでもあり一曲目のCOBALT HOURの疾走感のあるリズムがメチャクチャ気持ちいい。
ベースがかっこよすぎて、細野晴臣がどういうプレイをしているのかボクにはよくわかりません。林立夫のドラムと絡み合うフレーズがたまらない。
松任谷正隆と鈴木茂のエレピ&ギターのソロ回しも気持ちいい。さらにOutroのフェイドアウトするところもまったく手を抜いていないスリリングな曲です。

自分が大学のころベースマガジンかキーボードマガジンでCOBALT HOURの楽譜が紹介されていて、この曲を知った。

今の松任谷由実にファンキーとか黒っぽいサウンドってイメージはないと思うけど、このアルバムはそういう感じなのですよ。アルバムの最後の曲「アフリカへ行きたい」もそういうベースがカッコイイ。


Yumi Arai The Concert with old Friendsっていう1996年のライブアルバムでこのCOBALT HOURも演奏してる。相当期待して聞いたんだけど、こっちの演奏は全然よくない。Bassが細野さんじゃないのがやっぱり...

Wikipedia:Yumi Arai The Concert with old Friends
http://ja.wikipedia.org/wiki/Yumi_Arai_The_Concert_with_old_Friends

あ、あとこのアルバムCOBALT HOURは「卒業写真」「ルージュの伝言」も入ってます。
iTunes Storeでも買えるのでCOBALT HOURだけでも聴いて欲しい作品です。

で、COBALT HOURが1975年。この翌年(1976)にはほとんど同じメンバーで吉田美奈子のFLAPPERが録音されている。「夢で逢えたら」「ラスト・ステップ」「ケッペキにいさん」なんかが収録されている作品。
正直言ってコーラスはちょっとバラバラだけど、今から聞くと山下達郎、矢野顕子、大貫妙子のそれぞれの声がよくわかる録音になっている。
このあとYMOが1978年結成だからこの時代はすごいなぁ~。

FLAPPER

FLAPPER

|

« Last.fm:COOのMartin Stiksel氏のインタビュー記事 | Main | Pandoraへの訪問者数がLast.fmを抜く »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8389/12684666

Listed below are links to weblogs that reference COBALT HOUR:

» 山野楽器で音楽を楽しもう!山野楽器でドラムを始める!! [山野楽器]
山野楽器で音楽を楽しもう! [Read More]

Tracked on 2006.11.15 at 01:52

« Last.fm:COOのMartin Stiksel氏のインタビュー記事 | Main | Pandoraへの訪問者数がLast.fmを抜く »