« 1328人の英国人がスネア(Snare)の使用禁止に署名 | Main | Reggie Watts:ひとりリズムマシン&歌&サンプリング&ミックス »

2007.01.30

消える蛍光ペンの裏技:月刊ぺんてる1月号から

正確には「コピーをしたときに」消える蛍光ペンの裏技、ですが..

月刊ぺんてる1月号:蛍光ペンのなぜ
http://www.pentel.co.jp/pentel-town/monthly-pentel/2007_1/index.html

消える蛍光ペンの裏技をご存知ですか? 蛍光ペンで書き込んだ書類をコピーすると、 蛍光ペンの部分も薄いグレーになってコピーされてしまいます。 しかし、黄色い蛍光ペンだけは、コピーをしても写りこまないのです。

この裏技以前専門学校の講師から聞いて自分も活用していたのだが、筆記用具のメーカーで紹介されていてビックリ。
メーカーの記事らしく、なぜ黄色のマークだけは消えるのか説明されている。


蛍光ペンの黄色も白と同様にコピー機の光を吸収しにくく、 反射しやすいため写りにくくなるのです。

だそうです。

その専門学校の講師は資料を印刷する際、原稿の原本に黄色の蛍光ペンで「原本」と書いてコピーした物と区別していた。
結構この技は仕事でも使える。反面教師としても大切かも。
コピーしてもマークがしてあるように見せたいのなら、黄色以外でマークしないとダメです。

この月刊ぺんてる。文房具好きにはたまらないネタが結構掲載されています。

|

« 1328人の英国人がスネア(Snare)の使用禁止に署名 | Main | Reggie Watts:ひとりリズムマシン&歌&サンプリング&ミックス »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8389/13716525

Listed below are links to weblogs that reference 消える蛍光ペンの裏技:月刊ぺんてる1月号から:

« 1328人の英国人がスネア(Snare)の使用禁止に署名 | Main | Reggie Watts:ひとりリズムマシン&歌&サンプリング&ミックス »