« Last.fm-Mainstream-O-Meter : あなたの音楽の趣味は主流派か?それとも.. | Main | Last.fm:ミュージックビデオ配信を開始 »

2007.05.08

突然の贈りもの

大貫妙子の“突然の贈りもの”。オリジナルは1978年。30年に渡りいろいろな人にもカバーされている大貫妙子の名曲の一つだと思う。

2007/03に発売された大貫妙子のアルバム『Boucles d'oreilles』(ブックル・ドレイユ)でも、アルバムpure acousticのリマスタリングが収録されている。

突然の贈りもの 大貫妙子 歌詞情報 - goo 音楽


○詩的・散文的なメロディー

曲はAB形式の構成。
Aメロは短いフレーズが続き詩の朗読をしているような印象だ。
 
 突然の(5) 贈りもの(5) 甘く香る(6) 花束(4)
 頬を寄せて(6) 抱きしめる(5) ぬくもり(4)

ほぼ5音ごと区切られたメロディー。一つ一つの言葉を確かめるようなメロディーだ。

一方でBメロは伴奏も4つ打ちになり流れるようなフレーズ。物語のような散文的な印象だ。

Aメロで「いま」突然の贈りものが届いて、Bメロは「6年前」の春の日のことが語られる。ここで時間が変わっていることがわかる。
二番ではAメロが「昔」でBメロが「いま」。そして最後に
 元気でいるから 安心してね
で終わる。
昔のことを切なく思いなんだか淡い期待がありつつも、ちょっと強がってしまうような…。短い歌だけど、繰り返し聴きたくなる曲です。


○pure acoustic版が好きだ
この曲はセルフカバーも含めて、いろんな人がカバーしている。
元々は1978年の大貫妙子のアルバムmignonne (ミニヨン)がオリジナル。このアルバムは‘海と少年’とか‘横顔’など名曲揃い。

- 竹内まりや (1978)
ミニヨンと同じ年に竹内まりやのデビューアルバム『BEGINNING』に収録。

- 大村憲司 Leaving Home best live tracks II に収録
意外に知られていない。ギターとピアノのデュオに、途中から大貫妙子の歌が加わってくる。大村憲司のギターは本当にギターが歌っているような、大村憲司にしかできないカバーになっていると思う。
私はこれを聴いて改めてこの曲を見直した。またピアノを弾いているのは後述のBank Bandの小林武史。

- 大貫妙子 pure acoustic (1987)
pure acousticでの歌い方、アレンジが一番イイ。acousticのアレンジと大貫妙子の声が溶けあうようにマッチしていると思う。

- 矢野顕子 Piano Nightly (1995)
私は矢野顕子ファンですが、このアルバムでは崩しすぎていて好きではないです。ただ、このカバーで“突然の贈りもの”を知った人も多いと思う。

- LIVE Beautiful Songs (2000)
ピアノ矢野顕子、ボーカル大貫妙子の“突然の贈りもの”が聴ける。かえすがえすも残念なのは録音が悪いこと...

- Bank Band 沿志奏逢 (2004)
Bank BandでMr.Childrenの桜井和寿などがカバーしている。
このバージョンは意外に(?)おとなしいというか、オリジナルに忠実な歌い方。期待して聴いたけど、あまり印象に残っていない。

大貫妙子 | Boucles d'oreilles
http://www.sonymusic.co.jp/Music/Info/taekoonuki/

Boucles d'oreilles (ブックル ドレイユ)

Boucles d'oreilles (ブックル ドレイユ)

|

« Last.fm-Mainstream-O-Meter : あなたの音楽の趣味は主流派か?それとも.. | Main | Last.fm:ミュージックビデオ配信を開始 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8389/14997689

Listed below are links to weblogs that reference 突然の贈りもの:

« Last.fm-Mainstream-O-Meter : あなたの音楽の趣味は主流派か?それとも.. | Main | Last.fm:ミュージックビデオ配信を開始 »