« October 2013 | Main | October 2015 »

2014.09.03

上海:無糖の飲み物

航空便の引越荷物は、発送から約3週間かかって上海のアパートに届いた。

地味につらかったのは、やかんなど調理器具がなかったので、自宅で無糖の飲み物を飲むのが難しいこと。購入できる無糖の飲み物は少ない。

スーパーやコンビニで買える無糖の飲み物は、事実上サントリーの烏龍茶のみ。ペットボトルの緑茶も烏龍茶も基本は加糖。サントリーの烏龍茶だけが無糖・微糖・加糖のバージョンがあるが、無糖はお店で扱っていないことも多い。

Img_2625

缶コーヒーというものもないし、基本的にコーヒーは好きではないように思える。スターバックスコーヒーやCosta Caféなど海外からCaféが上陸しているが400円以上するので安くはない。スタバなどのCaféはコーヒーを飲みに行くのではなく、「スタバに行かれるというステイタス」を見せるための場所のように思える。

Img_2684


こちらの人はお茶は基本的に自分で持ち歩いている。無糖のお茶は自分の水筒に茶葉を入れて飲み、無糖のお茶を「買う」という発想はないのだろう。

Img_2674

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2014.09.01

上海生活スタート

2014年7月からしばらくの間上海の事業所に出向することになり6月28日に日本の家から荷物を運び出し。


Img_2651_2

6月28日 日本の自宅から荷物発送(航空便・船便とも)
7月 9日  上海へ渡航(同日航空便の荷物が、自分とは別の便で上海到着)
 到着した空港で航空便の引越荷物の別送品申告
7月11日 上海の引越業者へパスポート原本と別送品申告書渡す
7月15日 パスポートが引越業者から返還(2稼働日)
7月22日 Priority clearanceが完了し、航空便の荷物の受取

7月25日 居留許可証取得のための面接
 ここの時点でいつ居留許可が取れるかわかるので、引越業者に伝えて船便をアレンジしてもらう
8月05日 居留許可取得 就業許可証も併せて取得 滞在のための手続きはすべて終了
8月10日 日本から船便の荷物が到着 
 船便自体の輸送期間は5日程度。日本で発送した後、中国での居留許可が取れるまでは日本側で預かっていてくれる。
8月13日 上海の引越業者にパスポート・居留許可・就業許可証を渡す。
 また通関に必要な書類にサインをし、会社にも印鑑を押してもらう
8月22日 船便の荷物も通関が終わり、上海の自宅で荷物を受け取り。


6月中旬に、引越業者の方が下見に来た上で中国の引越に際しいろいろ教えてくれる。
原則、航空便でも船便で送っても、実際に荷物を受け取れる日はそれほど変わらない。
中国の引越荷物の通関は、パスポート原本・居留許可証・就業許可証が必要。居住許可が取れるまでには3~4週間かかるので、たとえ航空便で送ったとしても通関ができず、航空便でも船便でも受取日は変わらないことになる。

Img_1558_3


Priority clearance
ただ、Priority clearanceという制度があり、追加料金を払ってPriority clearanceを使えばパスポート原本・Zビザ・税関の確認を受けた別送品申告書(Endorsed baggage declaration form)があれば通関ができる。
Priority clearanceは本50冊まで。楽器など趣味関係のものは認められない、服や食器など日常的に使用するものにつき認められる。

別送品申告書(Endorsed baggage declaration form)は、上海の空港の税関にある。その場で記入して、Air way billとPacking listを見せたらすぐ処理して印鑑を押してくれた。
費用は会社持ちなのでどの程度かかったかは不明。


今回の引越は会社がすべてアレンジしてくれたものの、日本に置いておくもの、引越荷物として送るもの、スーツケースに入れて持ち込むもの、などなかなかめんどくさいなぁ、と思ってます。
結局日本からの荷物は、出荷から約2ヶ月かかった。当初こんなにかかるとは思っていなかったので、少なからず生活に支障が出た面もあります。

またやはりというか、例の事件関係の写真が載っているものは没収されました。歴史関連の本で日本語で同事件が記載されているものは問題視されませんでしたが、写真が載っているのはやられました。

メモ代わりに上海での事柄を記録していきます。


Img_1241_2


| | Comments (0) | TrackBack (0)

« October 2013 | Main | October 2015 »