2012.06.25

E-CAP受験

E-CAPという英語の試験を受けてみました。

English Communication Assessment Profile
http://www.e-cap.net/jp/index.html

ネットで検索するとあまり記事が出てこないので感想などを残しておきます。
この試験の存在は最近読んだ「人を動かす英語 (PHP新書) ウィリアム・ヴァンス」の巻末で紹介されていて知りました。

E-CAPのWeb siteにある案内をコピペすると…

E-CAP®とは、英語コミュニケーションアセスメントプロフィールの略です。 あなたの英語コミュニケーション能力を評価し、未来の上達のためにアドバイスするユニークなツールです。パワフルで信頼性の高いアセスメントとして、法人、大学、個人の皆様にご利用いただいております。 E-CAP®が評価分析するのは、実際の英語能力を最も正確に反映するスピーキングです。そして、英語コミュニケーション向上のための専門的、総合的、しかもパーソナルなアドバイスを25 ページ以上のレポート(オプション)にしてお届けいたします
というもので、英語のSpeaking能力を評価分析してくれるテスト。TOEICは最近900 overしたので、自分のSpeaking能力を評価してくれて、改善点をアドバイスしてくれる方法がないだろうかと探していたところに、まさにうってつけのテスト。 アメリカ資本の会社に勤務しているので、English nativeと会話する機会は豊富にあるものの客観的に自分の英語を判断してくれる機会はないに等しい。特にアメリカ人は、Perfect. Excellent. Fantastic. Very good!とか、ほめてくれるので話していて楽しいが、それが自分のSpeakingや発音能力の向上に直結するかというとそういうわけではない。逆にほめてくれるのは「日本人にしては」という条件付きなので、こういう試験で冷静に自分の能力を測らないとダメだと思う。

私は中上級コースを受験しました。質問自体は平易な英語でゆっくり話してくれるので、質問が聞き取れないということはない。ただその回答は正解というものはなく、以下に論理的に適切な発音やイントネーションでSpeakingできるかが採点されるらしい。
回答には30秒程度のThinking timeが設けられているのですが、結構焦ってしまって満足に回答ができなかった設問もいくつかありました。当然それも含めて自分のSpeaking能力の未熟さなので、どのように診断されるのか興味深いです。

オプションでアドバイザリーレポートを付けてみました。
http://www.e-cap.net/jp/compare.html
このレポートの比較表をみると、スコアシートの充実度は他の追随を許さない。レポート枚数が一番多くて5ページなのに、e-capは25ページ以上もある。まぁそれだけ値段も高いけど。
10日以内にレポートが来るそうなので、到着次第結果報告したいと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.12.31

PDFのマニュアルを印刷して製本

先日購入したKORG X50のマニュアルの製本をしてもらう。

X50は基本的なオペレーションガイドがついてくるけどVoice name listとParameter Guideは付属のCD-ROMにPDFで提供される。Voice name listぐらいは印刷して付いてきてもいいとは思うけど..
Parameter listは両面印刷でも100枚ありクリップで留めても収まりが悪く、本棚にもしまえないので扱いにくい。というわけでFedEx Kinko'sで製本してもらうことにする。

1. PDFを両面印刷
Kinko'sでも印刷できるけど、一面15.75円なので印刷できる環境があれば印刷して持ち込んだ方が安い。
Voice name listは17枚、Parameter Guideは100枚ぐらい。

2.FedEx Kinko'sで製本依頼
Voice name listは枚数も少なく、またよく使うのでリング製本にしてクリヤカバーと裏表紙をつける。リングノートのように360度に開くのが扱いやすい。

Parameter Guideは厚めなのでくるみ製本に。表紙はちょっと厚めの上質紙を選ぶ。

3.受け取り
依頼して約2時間後に引き取り。年末で混んでいたのか空いていたのかわからず。2時間でやってもらえば満足ですが。2つで1000円強でかなりリーズナブルで驚き。

製本だけなら336円だし、オプションも安い。
FedEx Kinko's Japan フェデックス キンコーズ・ジャパン

こんな感じです。
Image1024_4
Image1025_4

Parameter Guideをパラパラとめくるとものすごい機能があるんだなってオドロキ。紙の一覧性とかランダムアクセスの便利さも改めて認識する。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.09.14

バランスボールで仕事

Wallpaper_056
2006/Sep/11日経夕刊。バランスボールがイス代わりで、机は卓球台というオフィスが紹介されていた。
何でもバランスボールで集中力が高まるとか。しかもパソコンを打つときも前屈みにならないので、自然と周囲の人とコミュニケーションが取れるようになったらしい。
卓球台が机なのは、オフィスの模様替えに便利ということから始まったらしいけど、さらに卓球台に書類を載せておくのは違和感があるので早く仕事を片づけようっていう気持ちになるらしい。

バランスボールをイスにしてたらダイエットもできて一石二鳥かも。会社でこの話をしてたら、ロデオボーイならもっとやせられるって話しが出たけどロデオボーイで8時間仕事をするのは無理だ(>_<)

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2006.08.29

就職活動は「楽」....

「就職活動を1文字で表すと」 1位は『楽』
http://d.wyco.jp/2967/2006/08/28/1.html

毎日コミュニケーションズの学生モニターアンケートの結果によると、今年の就職活動を一文字で表すと「楽」が一位ということだ。しかも「楽」が一位なのは三年連続だとか。
景気が回復して就職活動も売り手市場なのを知ってはいても、一文字で「楽」と言われると彼我の差を感じてしまう。そんなに楽なのか~。
この「楽」には「楽しめた」という意味もあるけど、ほとんどは「楽勝」の楽だろう。

さらに二位は「迷」。楽よりはネガティブな言葉かなと思いきや、内定がいっぱい取れてどれにしたらいいか迷った、という「迷」らしい。「楽」に「迷」か...いいなぁ。
基本的に新卒での就職活動は一回しかチャンスがないのだけど、それが楽か苦しいかは景気の巡り合わせだけだもんなぁ。

朝からこんなアンケートを見てしまって、まったくやる気が起きない一日になりそうです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.08.25

帰宅支援マップサービスを試してみた。

2006/Aug/25 日経産業新聞3面「E-biz仕掛け人」という囲み記事。航空測量最大手のパスコが提供する帰宅支援マップのネット配信記事が掲載されていた。

 ・東京二十三区内へ通勤通学する首都圏在住者が対象
 ・帰宅ルート入り地図を専用サイトからダウンロード(350円)
 ・出発地と目的地を指定すると、地震危険度をもとに低リスクで早く
  帰宅できる経路を選択
 ・PDFでダウンロードできる地図には危険度や支援施設を網羅しており
  個人専用の帰宅地図帳を簡単に作成できる

帰宅支援マップサービス
https://www.kitakumap.com/

早速やってみる。現在「防災の日キャンペーンを実施中!」とのこと、

2006年8月18日(金)~9月30日(土)までに新規申し込みいただいた方は、月額利用料(210円)が永久に無料になります。 この機会にぜひご登録ください! (※ PDFドキュメント作成利用料は別途かかります。)

ということなのでPDFの作成料の315円だけ使用できる」。地図自体は画面でも詳しく見ることができるので、地図をみるだけなら実質無料だ。ID登録にはメールアドレスとクレジットカードの登録が必要。

勤務先から自宅までを調べてみると、ふつーに幹線道路を通る経路が出てきた。危険度が少ない道を選ぶので、やはり幹線道路が多くなるようだ。
勤務先から自宅までは6.6km。2時間あれば十分か。

経路も役に立つが、地域危険度が表示されるのがいい。
自宅の周辺を見ると危険度を見ると...(最高が5)

 建物倒壊危険度 2
 火災危険度    3
 避難危険度    3
 総合危険度    3

自宅近辺は安全とも危険とも言えないようだ。ただ、自宅は木造築50年の家なので間違いなく「建物倒壊危険度は5」だと思う。

この地図をもとにPDFドキュメントの作成を申し込む。
これは315円の利用料がかかるが、またクレジットカード番号の入力を求められる。この辺はインターフェイスがこなれていない印象を受ける。

申し込みをすると、すぐ作成されるわけではなく若干時間がかかる。30分かかることもある、ということだったが5分弱で作成完了のメールが来る。
作成日から2週間ウェブサイトからダウンロード可能。私の地図のファイルサイズは約800KB。A4横で印刷。紙を半分に折って冊子を作ることができる。
地図に「帰宅支援ステーション」や「応急給水拠点」が表示されているのが役に立ちそう。
経路のうち曲がり角は拡大された地図が印刷され、初めての道だとしても安心だと思う。これだけの情報が記載されていて315円というのは、かなりお得だと思う。

これが役に立つことがないことを祈りつつ、通勤カバンに忍ばせた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.08.04

メールの返事は「答」

以前、自分のブログでメールの返事の時に付く
Re: が、世界共通でないことを書いた。

too high: Re: メールの返事は Re: SV: HA: AW:
http://dunga.cocolog-nifty.com/too_high/2006/01/re__re_sv_ha_aw_ec69.html

ん~それなら日本だって「返事:」とか「返:」とかにすれば
いいじゃん、と思ってたら中国からメールが来たよ。
Photo

「答:」だって。
確かにその通り。「答え」だよな。
これでノルウェーがSV:、ロシアがHA:、ドイツがAW:、中国が答:。
Re:なんて使ってる場合じゃないかも。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.06.12

メモを取ること

ちょっと昔の記事だけど、2006/04/22(土)の朝日新聞 be-businessに、記録やメモを付けることについて興味深い記事があった。
asahi.com :読み・解く-be-business 城島健司 成功の秘密 生島淳
http://www.be.asahi.com/20060422/W12/20060416TBEH0005A.html

記事で気になったところをピックアップすると


マリナーズに移籍した城島選手 見事な成績の背景には「ノート」の存在
日米問わず野球選手の多くが自分のノートを持っている。
投手は相手のことを書き込むのが多い
打者は自分の感覚を言語化しようとする選手が多い

なぜ書くのか?長谷川の発言
・書くことで記憶の定着度が変わる
・人間はノートに書かないと自分の都合のいいように勝手に記憶を変えることがあるし、書いておくことが重要だ

などが気になった。
特に長谷川の「人間は自分の都合のいいように記憶を変えることがある」という発言にはとても納得がいく。思い出が美化されるのもそれと同じことだろう。

メモを取ることを身の回りまで落とし込んで考えてみる。
自分の仕事や日常生活、スキルアップのための勉強では「相手のことを書き込む」タイプのメモと「自分の感覚を言語化する」メモの合わせ技が有効だと思う。

たとえば模擬試験がある。
 まずザーと眺めて、どの問題から手がけるか。
 なぜ、この問題からやろうと思ったのか。
 この問題までで何分経過していたか。
 この問題を飛ばしたのはなぜか? 
というような、試験中に考えていたことを、試験が終わったらすぐに問題用紙に書いておく。例えるなら試験直後の休み時間に、友達と話すようなことをメモしてしまう感じだ。これは「自分の感覚を言語化する」形のメモだ。
で、今度は実際に復習をするときも問題用紙に回答を貼り付けたり、先生が板書した内容を直接書いてしまう。これは「相手のことを書き込む」メモにあたる。

このようなメモを問題用紙に残しておくことで問題用紙を見ただけで、自分がどのように問題を解いていたのか再現できるようになる。

今まで試験10分前には、一生懸命参考書を眺めていたけど、最近は以前解いた問題用紙を眺めている。これで試験の問題を解く手順をシミュレートできるので、なかなか効果的だ。

仕事で言えば「相手のことを書き込む」タイプのメモは、比較的分かりやすいだろう。ミーティングしたとか、電話を受けた内容を日付と時間を入れて残しておくことだ。この場合もノートやメモ帳などのようにバラバラにならないものがいい。
プログラムを書いていたり、新しい企画を考えているとき、何かの問題の対応にあたっているとき「自分の感覚を言語化する」形のメモを意識的に残しておく。これは休憩前とか退社前とか、時間を強制的に決めてメモをするのがいいと思う。

こうすることで、仕事を同時進行でやっていても、あとから思い出すことができるし、なによりメモしたことは忘れてしまってもいいのが気持ちいい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.05.08

メモ帳がない

筆記用具は安住の地を見つけ、幸せな書きごこちを楽しむ日々ですが、最近は理想のメモ帳を求めてさまよう日々です。
too high: 書きやすく、疲れない筆記用具...その後
Plasticspiral

週末から長期出張なので、メモ帳の予備が必要になった。昨年の終わりぐらいから使っていたものが、まあまあよかったので同じものを探す。
購入したものは上の写真のもの。コクヨのごく普通のメモ帳だと思って甘く見ていたのかもしれない...どこにも同じものが売っていないのだ。この一ヶ月文房具店を見ればどんな小さな店でも入ってみたけど置いてない。
さすがにあきらめて、電車賃をかけて前回購入した池袋Loftに行きやっと手に入れた。初めから池袋Loftに行けばよかったのだけど引っ越したせいで遠くなってしまったのだ。渋谷のLoftの方が大型店だが、こちらでは扱っていない。しばらく困らないように4つばかり色違いで買ってきた。

で、気づいたのだけどメモ帳は「どこに行っても手に入る」という定番が存在しない。どの店でも置いてある商品が微妙に違う。ノートだったらどこに行ってもコクヨのノートが手に入るので、買いだめする必要はない。会社で支給されるノートもこのタイプだ。
メモ帳はホントに定番がない。最近ロディアを一般の文房具店でもみかけるようになったけど、どこにでも売っている訳ではない。そういう意味ではメモ帳は、今回購入したコクヨのものに限らず「これ!」と決めたメモ帳があったらキープしておかないといけない。
北米だとリーガルパッドぐらいしか選択肢はないけど、これはこれでどこでも手に入るので精神衛生上いいと思う。文房具マニアとしてはつまらないけど...

ただ、今回無事にキープできたメモ帳だが100%満足している訳ではない。これはスパイラルの部分がプラスチックだけど、金属製の方がいい。たまにカバンの奥で押しつぶされてプラスチックが壊れてしまうことがある。金属なら変形するだけで済むだろう。
もう一つ、本当はB7版のほうが使いやすい。図を書こうとしたときはB7版の大きさの方がいい。でも、B7版になるといわゆる電話の横に置いてあるメモのように糊で留められていて紙がバラバラになるメモしかない。
メモがバラバラになってしまうと、なくしてしまうこともあるし前後関係がわからなくなってしまう。これはあんまりよくない。
で、たまに綴じてあるものがあるのだけど、ノートのように横に開くタイプのものだ。ん~こよく考えれば縦に開いても同じなのかもしれないけど、なんか違うんだよな、書きにくい。
ホントのベストは
- サイズはB7版
- 罫線はA罫(7mm)
- 罫線はノートなどと同じく普通の罫線
- 用紙は60枚
- 綴じ具は金属製のスパイラルorダブルリング
- 立てに開くタイプ
というものがあれば、即座にこれに乗り換えるつもりだ。もちろん、容易に手に入るということも大切だ。
理想のメモ帳探しの道は長そうです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.03.27

まさにタンス預金

祖母(93)から買い物を頼まれお金を預かる....えっっ
06-03-26_23-25

一瞬手が止まる。なんと聖徳太子の一万円札!

以前の福沢諭吉の一万円札ですら、もう見ることが難しい。
さらにその前の聖徳太子だ。調べてみると福沢諭吉に変わったのが1984年だから、20年以上前のお札だ。

日本銀行券 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%80%E4%B8%87%E5%86%86%E6%9C%AD

「こんなの珍しいねえ」と驚いていると「ちょっと前に区役所からもらったんだけどねぇ」と言って、まだまだ何枚も聖徳太子が出てくる。まさにタンス預金だ。

20年前なら祖母にとってはつい最近かもしれない。聖徳太子がお札だったころは、私はまだ小さかったので聖徳太子のお札なんてみたことがない。珍しいので交換してもらう。

でも、友達に見せたりして話しのネタにできるのはいいのだけど、一万円札は、カナリ大きい。
なんと、財布からはみ出てしまうのだ...こんな感じで..これもまた意外な発見だった。
06-03-26_23-27
06-03-26_23-29

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.03.24

サッポロ黒ラベルに「青ガエル」!

と、タイトルに書いても意味不明です。
いま東急ストアは50周年企画の一つとして、東急電鉄の50年前の車両が描かれたサッポロ黒ラベルが売られています。
06-03-24_09-22

鉄道ファンではないですが、懐かしくなり思わず買ってしまいました。
缶の上部に描かれている旧東急5000系電車は「青ガエル」という愛称で呼ばれていたそうです。なのでサッポロ黒ラベルに「青ガエル」というわけです。
Wikipediaによれば「1987年に東急からは全車引退」ということなので、私が知っている旧東急5000系は、東急での最後の方の運行を見ていたようです。

東急5000系電車 (初代) - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E6%80%A55000%E7%B3%BB%E9%9B%BB%E8%BB%8A_(%E5%88%9D%E4%BB%A3)

私が子どものころは「おにぎり電車」と呼んでいました。
今Googleで検索すると約170件ヒットするので「おにぎり電車」と呼んでいたのは、自分だけじゃなかったんだ、と安心しています。
おにぎり電車 - Google 検索
http://www.google.co.jp/search?num=30&hl=ja&rls=GGGL%2CGGGL%3A2005-09%2CGGGL%3Aja&q=%E3%81%8A%E3%81%AB%E3%81%8E%E3%82%8A%E9%9B%BB%E8%BB%8A&btnG=Google+%E6%A4%9C%E7%B4%A2&lr=

私が小学校の頃はもう旧5000系は数えるほどしか走っていなかったので
「おにぎり電車に乗ったからいいことがあるぞ!」
などと友達と話していました。
オレも昨日おにぎり電車の黒ラベル飲んだから、なんかいいことないかな...

東急ストア - Tokyu Store
http://www.tokyu-store.co.jp/

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧